こちらのアイテムは2019/10/12(土)開催・第9回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第9回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

小説BADOMA 血塗られた伝説 4/5

  • G-19〜20 (ハイファンタジー)
  • しょうせつばどま ちぬられたでんせつ ごぶんのよん
  • 野間みつね
  • 書籍|A5
  • 124ページ
  • 450円
  • 2016/04/14(木)発行
  • 表紙・人物紹介画 高井玖実子(タカイクミコ)

    今の内に、確かめておきたかったからだよ。
    クニンガンが居ない間にな。


     紆余曲折を経て四つの“しるし”を全て手に入れたシフォロン達は、ヴィルシャナの塔へ向かう前に、長らく大陸とは行き来も途絶えていたという島アゾレスへ赴く。だが、その島には、或る言い伝えがあった。黒魔道師タンジェは、仲間たちと一旦別れ、単身ヴィルシャナ島へ先行しようとするが……

     1990年に株式会社アスキー(当時)から発売されたMSXコンピュータRPGコンストラクションツール「Dante」に収録されていたサンプルゲーム『BADOMA 血塗られた伝説』のノベライズ作品、全5巻予定の第4巻。
     元ゲームを御存じない方でも、普通に“何か「剣と魔法」のファンタジーっぽい”作品として読むことが可能

     全巻完結しました。
     既刊情報等は、こちらの概要アイテムを御参照ください。

     === 以下抜粋 ===

     船旅は、僅か一日足らずで終わった。
     アゾレスとうは、緑豊かな島であった。砂浜近くに船は停まり、八人は梯子をりて浜まで歩いた。勿論、船は、シフォロンの肩掛け袋の中に収められた。
    「ELCIA──エルシア、って、何だか聞いたことがある」
    「光世界のお姫さまの名前だと思うけれどね」
    「……正確には〝光の妖精姫ブライト・フェアリー・プリンセス〟だ」
     横合から挟まれた抑揚に乏しい声のぬしを、シフォロンは、そっとうかがい見た。限りなく無表情な顔の中、漆黒の瞳だけが昏い光を湛えている。この黒魔道師は、何故今迄いままで通り七人と旅をするのか、結局ひとことも話そうとはしなかった。ひとり舷側にもたれてかたを見つめ、仲間たちの会話にも殆ど加わらず、ために最初は彼の同行を喜んだ七人も、今はなんとはなしに居心地の悪さを覚えていた。これまでの単なる無口とは異なる、人を何処か不安におとしいれるような闇の静けさによろわれているようにも思えるのだ。
    「それ、どういうお姫さまなの?」
     クニンガンが、くりっと首をかしげて尋ねる。
    「光世界の王フィリアスと、妖精世界の女王シリシアとのあいだに生まれた存在だ。光世界の住人は人間世界に対する関心が乏しいというのが定説だが、その光世界に住みながらも人間世界に関心を絶やさず、地方によっては〝金色こんじきの女神〟とあがめられてる」
    「金色の女神かあ……へえ……」
    「光の妖精が居るなら、闇の魔王子なんてのが居てもおかしくないわねー」
     ロココ・リナが頭の後ろで手指を組みながら何の気なしに言うと、黒魔道師はごくそっけなく肩を竦めた。
    「居るとも。〝闇の魔王子ダーク・デーモン・プリンス〟ジェナット。闇世界の王タルガルと、魔世界の女王セメネーとのあいだに生まれた存在。闇世界に住みながらも人間世界に関心を絶やさず……流石にこちらは神様扱いまではされちゃいないが、一部の黒魔道士たちが〝かた〟と崇めたてまつってるって話は絶えない」
    「あんたは?」
    「俺は何かに跪いたり従属したりするのは嫌いだ。だからこそ……」
     言いして、不意に彼は唇を皮肉っぽくゆがめた。それ切り口を閉ざしてしまう。ロココは追及しようとする気が失せるのを感じた。
     最近のタンジェって突っ込み甲斐がいないのよね──心にそう呟いて、小さな息をつく。
    (何か妙に暗いんだもん。前はあれでも可愛いとこあったけど、今は近寄りにくいとこあるし、たまーに口利けばなーんかハッキリしない上にとげあるし)
     やはり、あに弟子でしサイラスの衝撃的な死が、心にぬぐえぬ影を落としているのだろうか。それだけではないような気もするのだが、取りえずロココにはそれぐらいしか原因が想像出来ないのであった。
    「あ、町かな、あれ」
     周囲をささやかな石垣に囲まれた家々が、一行いっこうの進むみちの彼方に見え始める。日が暮れかけていることもあり、明るい内に宿を取りたい一行の足は速まった。
     町の入口らしき所で、初老の男がふたり、木製の椅子いすに腰を下ろし、ゆっくりとパイプ煙草たばこをくゆらせているのが目に入った。トーガのような、ゆったりとした服を纏っている。恐らくこの島は、大陸と比べると取り分け温暖で穏やかな気候なのであろう。自分たちの、旅で草臥くたびれ切った服装が──シフォロンの軽やかな、吟遊詩人らしい恰好かっこうでさえ──随分とこつ野暮やぼ臭く思われてくる。

         ───「第十二章 闇と魔の小径」より

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【代行非対応】 「千美生の里」 頒布物リスト〔ファンタジー系〕【代行非対応】 「千美生の里」 頒布物リスト〔その他・似非歴史物等〕魔剣士サラ=フィンク【無配】 魔剣士サラ=フィンク 44/820【代行非対応】 ミディアミルド物語(概要?)ナブ・ナブオーヴァ −ミディアミルド物語 1−鷹の子 −ミディアミルド物語 2−ダグディグル・グルーグラス −ミディアミルド物語 3−ムグロールの赤狼 −ミディアミルド物語 4−マーナの知将《ドー・ルーム》 −ミディアミルド物語 5−遠きが故に −ミディアミルド物語 6−縄なき繋縛 −ミディアミルド物語 7−垣間見る未来 −ミディアミルド物語 8−祝婚 −ミディアミルド物語 9−ミゼルでの遭遇 −ミディアミルド物語 10−清水は未だ青く −ミディアミルド物語外伝集 1−最後の一年、最初の一日 −ミディアミルド物語外伝集 2−その佳き日まで −ミディアミルド物語外伝集 3−将軍と呼ばれる迄に −ミディアミルド物語外伝集 4−レーナから来た青年 −ミディアミルド物語外伝集 5−灰色の翼 −ミディアミルド物語外伝集 6−まなざし (上) 【残部は見本誌のみ/当日までに品切れの可能性あり】まなざし (下)初音には遠く 〜『まなざし』拾遺話集〜残し置く言の葉草の記 (上) 〜『まなざし』傍話集〜残し置く言の葉草の記 (中) 〜『まなざし』傍話集〜早蕨号、異世界をゆく歳三《おれ》達の場合 −綺譚 月石の民−月は欠けゆく −大河ドラマ『新選組!』伊東甲子太郎への追悼をこめて−【代行非対応】 小説BADOMA(概要?)【無配】 小説BADOMA おいでよランガズムBooklet 改訂第三版 【テキレボ初頒布】四番目の魔道士小説BADOMA 血塗られた伝説 1/5小説BADOMA 血塗られた伝説 2/5小説BADOMA 血塗られた伝説 3/5小説BADOMA 血塗られた伝説 4/5小説BADOMA 血塗られた伝説 5/5はたとせ −「千美生の里」20周年自選蒐 −エモーショナル・サイオニック蔵出しミックスナッツ −ジャンルごた混ぜ短編小説集−掘り出しミックスナッツ −ジャンルごた混ぜ短編小説集 2−捻り出しミックスナッツ −ジャンルごた混ぜ短編小説集 3− 【テキレボ初頒布】【旧300SSラリー】時間の証【旧300SSラリー】誕生長編上等キャンバスバッグDayDream Quest 〜最弱勇者が復活を繰り返したら魔王と対決することになりました〜【テキレボ新刊】【無配】 アンチ・サイオニック・シティ 刊行準備冊子 【テキレボ新刊】【無配】 「テキレボ鈍器フェスティバル」マップ兼ブックレット 【テキレボ新刊】【300SSラリー】悪気はなかった

「気になる!」集計データをもとに表示しています。