こちらのアイテムは2019/10/12(土)開催・第9回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第9回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ミゼルでの遭遇 −ミディアミルド物語 10−

  • G-19〜20 (ハイファンタジー)
  • みぜるでのそうぐう
  • 野間みつね
  • 書籍|A5
  • 176ページ
  • 600円
  • 2014/08/09(土)発行

  • ……俺が貴様のことが大っ嫌いなのは、貴様が腹ン中にの感情やら何やらを押し込めて、表面上は他人ひとにいい顔を見せながら思い通りに物事を運ぼうとしやがる陰険策士だからだ。それ以上でも、それ以下でもない。


     マーナから慶賀使節としてレーナの都シャーラミディアを訪れていた近衛副長タリー・ロファは、一連の行事への参加を終えた翌日、ミディアム・サーガの案内で、シャーラミディア市中へ出た。しかし、穏和裡に過ぎると思われたその散策中、何げない会話の中で或る事実に気付いてしまったタリーは、その場に立ち竦んだ……

     野間みつねが高校生の頃から手掛けている、いわば“準ライフワーク”的な、架空世界の歴史物、第10巻。

     ※本伝10巻到達記念として、星村朱美さまの挿画類を一部再録

     === 以下抜粋 ===

     ケーデル・フェグラムがデラビダへ帰着したのは、ばんしゅうだいじゅうげつの三の日であった。
     一日休養して翌々日、五の日の定例閣議に出席し、主君ララド・オーディルから「もう傷はいのか?」と問われたケーデルは、微かな笑みで一礼した。
    「字が支障なく書けるまでになりましたので、問題ございません」
    「そうか。だが無理をするではないぞ」
    「有難きお言葉」
     再び頭を下げるケーデルの左隣に、先月まで居たカレー・ナン三等将官の姿はない。彼は、軍務に就けぬほどの重病では将軍職の重任には耐えまい、速やかに職を返上せよ、との厳しい下命を主君から受け、今更あれはびょうでございましたとも言い出せずにかん退しりぞいていたのである。
     ゾーリング及びミゼルでの交戦については、既に月初めの臨時閣議で副将ノブリー・ハラージュ四等将官からあらましの報告がされたとのことで、ケーデルが求められたのは、その報告に誤りがないかの確認、そして補足であった。
    「ファイザ将軍に関する私の読みが浅く、先手を取られたことが、大きな敗因であったと考えております。敵に対する分析研究が安易にしてはいないかと、深く反省する機会となりました」
    「良い。そなたであれば同じ過ちは繰り返すまい。そもそもたびの作戦そのものを時期じきしょうそうだと申しておったそなたにしゅっぺいいたわしにもはある。今月から三か月のあいだ、二割の減俸げんぽうとするが、それ以上の処分はせぬ」
     敗戦した将に対する処分としては異例の軽さであったが、おもてってを唱える者は居なかった。今回の作戦について最も反対していたのがケーデルであったことは閣議出席者の誰もが知っていたし、にも拘らずカレーが〝重病〟に陥ったあげ「是非ケーデル将軍に」と押し付けて〝逃げた〟こともく知れ渡っていたからである。また、確かに最終的にレーナ領を一片いっぺんも得ることが出来ずに撤兵てっぺいしてはいるが、いちはゾーリング城を占拠し、ミゼルでの交戦やそのの撤退に際しても万単位の兵を失うまでには至っていない、という点も考慮されていた。
     ……とは、言え。
     処分そのものに表立って異を唱えるまでには至らないものの、面白くない気分を抱えつつ主君とケーデルとのり取りを聞いていた者も、居ないではない。
    「……なーにが、『字が支障なく書けるまでになりましたので』だ」
     閣議終了後、閣議室から出て廊下を歩き出しながら、半歩後ろを歩く自分の副官にぶつぶつ文句を垂れ始めた近衛隊長ノーマン・ノーラなど、その筆頭格ひっとうかくであったろう。
    「文官じゃあるまいし。武官にとっちゃ、リランが支障なくあやつれるようになるのが一番だろうが」
    「でも将軍府では、リランの腕前はひっというわけではありませんよ、近衛府ウチとは違って」
     副長タリー・ロファは、苦笑しつつ応じた。たしなめる、というほどの調ちょうではなかったが。
    「ふん、そんな甘い考えでいるから、今回みたいなことが起きるんだ」
     ノーマンは小さく鼻を鳴らす。

         ───「望みし屈辱」より

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【代行非対応】 「千美生の里」 頒布物リスト〔ファンタジー系〕【代行非対応】 「千美生の里」 頒布物リスト〔その他・似非歴史物等〕魔剣士サラ=フィンク【無配】 魔剣士サラ=フィンク 44/820【代行非対応】 ミディアミルド物語(概要?)ナブ・ナブオーヴァ −ミディアミルド物語 1−鷹の子 −ミディアミルド物語 2−ダグディグル・グルーグラス −ミディアミルド物語 3−ムグロールの赤狼 −ミディアミルド物語 4−マーナの知将《ドー・ルーム》 −ミディアミルド物語 5−遠きが故に −ミディアミルド物語 6−縄なき繋縛 −ミディアミルド物語 7−垣間見る未来 −ミディアミルド物語 8−祝婚 −ミディアミルド物語 9−ミゼルでの遭遇 −ミディアミルド物語 10−清水は未だ青く −ミディアミルド物語外伝集 1−最後の一年、最初の一日 −ミディアミルド物語外伝集 2−その佳き日まで −ミディアミルド物語外伝集 3−将軍と呼ばれる迄に −ミディアミルド物語外伝集 4−レーナから来た青年 −ミディアミルド物語外伝集 5−灰色の翼 −ミディアミルド物語外伝集 6−まなざし (上) 【残部は見本誌のみ/当日までに品切れの可能性あり】まなざし (下)初音には遠く 〜『まなざし』拾遺話集〜残し置く言の葉草の記 (上) 〜『まなざし』傍話集〜残し置く言の葉草の記 (中) 〜『まなざし』傍話集〜早蕨号、異世界をゆく歳三《おれ》達の場合 −綺譚 月石の民−月は欠けゆく −大河ドラマ『新選組!』伊東甲子太郎への追悼をこめて−【代行非対応】 小説BADOMA(概要?)【無配】 小説BADOMA おいでよランガズムBooklet 改訂第三版 【テキレボ初頒布】四番目の魔道士小説BADOMA 血塗られた伝説 1/5小説BADOMA 血塗られた伝説 2/5小説BADOMA 血塗られた伝説 3/5小説BADOMA 血塗られた伝説 4/5小説BADOMA 血塗られた伝説 5/5はたとせ −「千美生の里」20周年自選蒐 −エモーショナル・サイオニック蔵出しミックスナッツ −ジャンルごた混ぜ短編小説集−掘り出しミックスナッツ −ジャンルごた混ぜ短編小説集 2−捻り出しミックスナッツ −ジャンルごた混ぜ短編小説集 3− 【テキレボ初頒布】【旧300SSラリー】時間の証【旧300SSラリー】誕生長編上等キャンバスバッグDayDream Quest 〜最弱勇者が復活を繰り返したら魔王と対決することになりました〜【テキレボ新刊】【無配】 アンチ・サイオニック・シティ 刊行準備冊子 【テキレボ新刊】【無配】 「テキレボ鈍器フェスティバル」マップ兼ブックレット 【テキレボ新刊】【300SSラリー】悪気はなかった

「気になる!」集計データをもとに表示しています。