こちらのアイテムは2019/10/12(土)開催・第9回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第9回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

レーナから来た青年 −ミディアミルド物語外伝集 5−

  • G-19〜20 (ハイファンタジー)
  • れーなからきたせいねん
  • 野間みつね
  • 書籍|A5
  • 116ページ
  • 500円
  • 2013/07/13(土)発行

  • 二流?
    マーナ近衛隊の歴史の中でも一度に二十人と居たことのない一等近衛を出した家、しかもマーナ近衛隊史上最年少で一等近衛になったほどの武人の居る家が、二流武家だと?
    実力実績重視を内外にうたう我がマーナで、そんな自称が通ると思うか。


     マーナ暦デリーラ六年仲冬第二月、マーナ第一王女の婚礼祝賀の席に、近国レーナからの使節の一員として、ソフィア・レグという青年が居た。マーナ王ララド・オーディルは、奇妙なことに、以前その青年と何処かで出会っているような気分を拭い去れないでいた……

      『ミディアミルド物語』のサイドストーリーズを収録したシリーズ。表題作の他、「ある茶話会の風景」、「ダランドー叔父様との思い出」、「シベルリン小景」、「最後の夏」、「闇に向かって走れ」を収録。

     === 以下抜粋 ===

    「まだ居座りますか? それとも、大人しく退散たいさんしますか? 此処で退散するなら肩は外さずにおいてあげますが、ぐずぐず言うようなら外します。それでも抵抗するなら、次は腕を折ります。勿論もちろん、治療費はいちグロたりとも払いませんからね」
     口調こそ穏やかだが、台詞の中身は立派な恫喝どうかつである。……あのまま私に斬り付けられていたのとでは、どちらがこの若者達にとってまし[#「まし」に傍点]だったろう、と思わず考えてしまう。手のこうを踏み付けられた若者のほうは、その痛がり方からして、既に骨折しているかもしれない。
    『タリーの奴を〝温和な紳士〟なんて言う奴も居るが、ああ見えて相当に過激なところもある男だからな。争いをけられるあいだは可能な限り避けようとするくせに、もう避けられんと判断したたん、俺でも鼻白むくらいれつになる。それも、俺が見てる限りじゃ、自分が害をこうむる時にはあきれるほど我慢強いくせに、周囲の親しい奴が害を被りそうになった時は比較的あっさり容赦ようしゃがなくなる。まあ、それでも、相手に合わせて手加減をするだけの冷静さまでは失わん、と言うか失えんところが、あいつの強みであり弱みだろうな』
     随分ずいぶんと昔にノーマン近衛副長──その当時はまだ一等近衛だったが──から聞かされた話が、自然と思い出された。察するに、私が迷惑を被りそうになっていたという事実が、日頃温厚おんこうなタリー一等近衛を此処までの容赦ない行動に駆り立ててしまったということか。……私が「周囲の親しい奴」のはんちゅうはいるかどうかは疑問だが、以前クデンりょうヴェルナーサ村滞在たいざいの折に、私のことを好もしい女性だとらしていたこともあったから、その辺の何でもない女性よりは好意的に見られているのだろうと思う。
    「……少し、やり過ぎましたかね。まあ、あれだけやっておけば、うらまれるのは私の方だけで済むと思います」
     立ち去ることに同意した若者ふたりが這々ほうほうていで店を出てゆくのを見届けてから、タリー一等近衛は殆ど独白どくはくのようにそう呟き、それから「どうもお騒がせしました」と私に向かって頭を下げた。
    「お邪魔してしまって申し訳ありませんでした。では、私はこれで」
    「貴殿、いつから私に気付いていたのだ」
     するりと口から出たといは、もしかしたら、詰問きつもんの響きをびていたかもしれない。身をひるがえそうとしていた相手の足が止まり、僅かにまどったような表情が向けられた。
    「……いつから、とは……」
    「貴殿が答えたくなければ、それでも構わぬ。ただ、不思議に思っただけだ。先程のもんちゃくが起きた時に初めて私に気付いたのだとして、あんなに早く割り込めるものだろうかと」
     タリー一等近衛のほおを、かすかな苦笑にがわらいがかすめる。
    「……では、正直に言います。じょがこの店にお見えになった時に、気付いていました。……ただ、お独りで居たいのだなという御様子でしたので、知らない振りをしていようと」
    成程なるほど
     今度は私が苦笑いする番だった。何のことはない、入店の時点でそこに知りびとが居ることに気付けなかった私の落ち度だったわけだ。
    「引きめて悪かった。よしないことをいた」
    「いえ、謝罪されるほどのことではありません」
     相手はがおで言葉を返してくる。

         ───「最後の夏/ママルー亭の夕べ」より

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【代行非対応】 「千美生の里」 頒布物リスト〔ファンタジー系〕【代行非対応】 「千美生の里」 頒布物リスト〔その他・似非歴史物等〕魔剣士サラ=フィンク【無配】 魔剣士サラ=フィンク 44/820【代行非対応】 ミディアミルド物語(概要?)ナブ・ナブオーヴァ −ミディアミルド物語 1−鷹の子 −ミディアミルド物語 2−ダグディグル・グルーグラス −ミディアミルド物語 3−ムグロールの赤狼 −ミディアミルド物語 4−マーナの知将《ドー・ルーム》 −ミディアミルド物語 5−遠きが故に −ミディアミルド物語 6−縄なき繋縛 −ミディアミルド物語 7−垣間見る未来 −ミディアミルド物語 8−祝婚 −ミディアミルド物語 9−ミゼルでの遭遇 −ミディアミルド物語 10−清水は未だ青く −ミディアミルド物語外伝集 1−最後の一年、最初の一日 −ミディアミルド物語外伝集 2−その佳き日まで −ミディアミルド物語外伝集 3−将軍と呼ばれる迄に −ミディアミルド物語外伝集 4−レーナから来た青年 −ミディアミルド物語外伝集 5−灰色の翼 −ミディアミルド物語外伝集 6−まなざし (上) 【残部は見本誌のみ/当日までに品切れの可能性あり】まなざし (下)初音には遠く 〜『まなざし』拾遺話集〜残し置く言の葉草の記 (上) 〜『まなざし』傍話集〜残し置く言の葉草の記 (中) 〜『まなざし』傍話集〜早蕨号、異世界をゆく歳三《おれ》達の場合 −綺譚 月石の民−月は欠けゆく −大河ドラマ『新選組!』伊東甲子太郎への追悼をこめて−【代行非対応】 小説BADOMA(概要?)【無配】 小説BADOMA おいでよランガズムBooklet 改訂第三版 【テキレボ初頒布】四番目の魔道士小説BADOMA 血塗られた伝説 1/5小説BADOMA 血塗られた伝説 2/5小説BADOMA 血塗られた伝説 3/5小説BADOMA 血塗られた伝説 4/5小説BADOMA 血塗られた伝説 5/5はたとせ −「千美生の里」20周年自選蒐 −エモーショナル・サイオニック蔵出しミックスナッツ −ジャンルごた混ぜ短編小説集−掘り出しミックスナッツ −ジャンルごた混ぜ短編小説集 2−捻り出しミックスナッツ −ジャンルごた混ぜ短編小説集 3− 【テキレボ初頒布】【旧300SSラリー】時間の証【旧300SSラリー】誕生長編上等キャンバスバッグDayDream Quest 〜最弱勇者が復活を繰り返したら魔王と対決することになりました〜【テキレボ新刊】【無配】 アンチ・サイオニック・シティ 刊行準備冊子 【テキレボ新刊】【無配】 「テキレボ鈍器フェスティバル」マップ兼ブックレット 【テキレボ新刊】【300SSラリー】悪気はなかった

「気になる!」集計データをもとに表示しています。