こちらのアイテムは2017/4/1(土)開催・第5回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第5回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

飛ぶ蟹

  • D-10 (現代)
  • とぶかに
  • オカワダアキナ
  • 書籍|新書判
  • 104ページ
  • 600円
  • 2017/03/26(日)発行

  • 凡夫の営み、脱力系メランコリックな短編集全9編。

    サワガニにかんしては騙された。「甲羅の中にすきとおった羽がしまわれていて、ぱかっと開いて飛ぶんだよ」——父がおれについたささやかな嘘のこと。ありえないとは思いつつ、なぜか、そうかもしれないなあと納得もした……。日常を半歩くらいはみだして、こころやからだが通いあった(あるいはちぎれた)時間、フワッと浮くような感触。そういうものを書きました。

    一編が4000字程度。それぞれ独立した物語で、サゲが「浮く」手ざわりに書いたつもり。

    ーーーーーーーー

    【収録作】

    「講和条約と踊らない叔父さん」:少年が眺める、元バレエダンサーの叔父とガールフレンド。それぞれの和解について。

    「胎内の馬」:恋人と連れ子に付き添って、お盆の里帰りをする青年。立ち寄った道の駅にはメリーゴーラウンドがあった。

    「飴と海鳴り」:姉から逃げ出した男が拾った、潮のにおいのする猫のこと。

    「空き地の山羊」:学校に行っていない少女と働いていない叔父が、クレーンゲームをする。

    「スイッチオフと苺ジャム」:ゼツボーしている兄妹が首を絞めあい、「ぬけがら」を生成する。

    「ジュラ紀」:小学校の頃、恐竜みたいな図工の先生と交わした毎日の攻防。「自画像描けたか?」「描けません」

    「ひととおりの憂鬱」:校庭に落ちていた小さな三角形の黒い石は、何かの歯やとげに見えた。転校してきた女の子の抱える憂鬱に、あこがれるわたし。

    「海の数えかた」:正月に中学生の姪を預かる喫茶店店主の男は、海に背を向けてコーヒーを淹れる。

    「飛ぶ蟹」:歳とった父の見舞いに行く、隠し子の青年。おれには歳上の「姪っ子さん」がいるかもしれない。


    ーーーーーーー

    ・表題作「飛ぶ蟹」は、テキレボアンソロ「嘘」に寄せたものです。

    http://text-revolutions.com/event/archives/5614

    ・試し読みはこちらにまとめています。

    https://kakuyomu.jp/works/1177354054882692998


    ーーーーーーー

    アンソロやweb企画におじゃましたものと、書き下ろしが1作。発表済みのものも、こまごまとした直しを入れております。

    また、書き下ろし作「ひととおりの憂鬱」というタイトルは、twitterの「フォロワーをイメージした同人誌のタイトルを考える」というタグで、季刊ヘキ・#ヘキライ主催の比恋乃さん(@hikonorgel)からいただいたものです。おそらく、そんな雰囲気をまとっている作品群なのだと思います。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

ぎょくおん水ギョーザとの交接BBHHH〈委託〉aether〈委託〉【新刊】 夜空のある街〈委託〉【無料配布】 会う時はいつも夜の下〈委託〉飛ぶ蟹美少年興信所〈委託〉美少年興信所〜所長の逆襲〜〈委託〉【新刊】未完の漫画と踊りつつある叔父さん【300SSラリー】とおやまおじコレmap

「気になる!」集計データをもとに表示しています。