こちらのアイテムは2018/6/10(日)開催・第二回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第二回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

海のとなり

  • う-12 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • うみのとなり
  • 古月玲
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 34ページ
  • 200円
  • 2017/08/26(土)発行
  • 【静マル初頒布】

    イルカは頭が良いといつか誰かが言っていたけれど、オキゴンドウはどうなんだろう――
    海のとなりで、世界の終わりを夢想する。


    某水族館へ初めて行った興奮をぶつけたら何故か厭世的な気分が漂いまくった掌編集。
    世界の終わりはすぐそこかもしれないし、夢のまた夢かもしれない。


    登場人物(?)は、オキゴンドウ、鮫、エイ、深海生物たち、フンボルトペンギン、深海探査船、人間。
    計6編を収録。
    こちらから1編(をネットプリント配信した際のもの)がご覧いただけます。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

くらげのあしあと100万光年の彼氏たそがれの月、夜明けの太陽汀永遠まで、あと5秒白砂微譚海のとなりナツノオワリ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。