こちらのアイテムは2018/6/10(日)開催・第二回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第二回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

白砂微譚

  • う-12 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • はくさびたん
  • 古月玲
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 42ページ
  • 300円
  • 2017/04/01(土)発行
  • 【静マル初頒布】

    あらゆるものが白い砂になっていく世界
    その果ての浜辺で白い砂を観測している博士、の元に見習いとしてやって来た少年のお話。

    -----


     この世のあらゆるものは寿命が来ると白い砂になる。
     消えはしないけれど、その形を残すことはない。何であれ、命の後には白い砂としてしか残らない。白い砂はこの浜辺や海の底に積もり、元いた場所には何も残らない。
     ここは、世界の果てだ。


     白い砂に沁み込むような、白い砂に溶けるような、まるで音もなく流れる白い砂そのものみたいな声音で、博士は僕に白い砂とこの浜辺のことを教えてくれる。


    -----

    作品冒頭がこちらからご覧いただけます。
    (上記とは別の箇所です)


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

くらげのあしあと100万光年の彼氏たそがれの月、夜明けの太陽汀永遠まで、あと5秒白砂微譚海のとなりナツノオワリ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。