こちらのアイテムは2018/6/10(日)開催・第二回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第二回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

Crimson Regalia 吸血鬼作品集

  • え-02 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • くりむぞんれがりあきゅうけつきさくひんしゅう
  • 宮田 秩早・齊藤さや・七輪・伊ノ本カズラ・Choco
  • 書籍|A5
  • 116ページ
  • 700円
  • 2017/01/10(火)発行
  • ピクシブでおためし公開しています。

    目   次

    敬称略

    「ヴラド・ツェペシュの肖像」イラスト Choco

    「Hexennacht」 宮田秩早

     十九世紀末 四月三十日 墺太利(オーストリア)

     紳士淑女の秘密の社交場、そこに集うのは哀れな子羊たちと狼たち。それは惨劇のプロローグ。なにかが起ころうとする「魔女の夜(ヘクセン・ナハト)」


    「指輪の導き」作 齊藤 さや

     十九世紀中頃 希臘(ギリシャ)

     露店で手に入れた曰くありげな指輪が見せる血を吸う魔物の悪夢。夢に導かれるように、男はある島を目指すのだが……

    「表紙担当イラストレーターからのご挨拶」イラスト 伊ノ本 カズラ

    「Une nuit éternelle」原案 七輪 / 作 宮田秩早

     十七世紀三十年戦争時代 仏蘭西(フランス)

     国境の山の中腹に建つ塔は「星見の塔」と呼ばれ、魔物がいるという噂が絶えなかったのだが……ひとりの流浪の民の娘がその塔を訪れることで始まる、星と吸血鬼を巡る「永遠の夜」の物語



    「外套の男」作 七輪

     十九世紀初頭 独逸(ドイツ)

     夕暮れ時、少年が出会った男は、少年の窮状を奇妙な方法で救ってゆく。時を経て少年は男のもとを訪れるのだが……



    「Halloween Night」作 宮田秩早

     二十世紀初頭 十月三十一日 英国(イギリス)

     ブラム・ストーカーが小説に書き、舞台劇ともなった「あの事件」が終わって二十年。しかし「彼」の物語は終わっていない……あらたなる惨劇の幕開けを予感させるエピローグ


    注「Halloween Night」は齊藤さや様主催の「小説家になろう」内ハロウィン企画「貴方の血を頂けませんか?」に寄稿した作品を改稿したものです


    第六回Text-Revolutionsアンソロジー企画・テーマ「祭」に本作の登場人物を登場させた作品を寄稿いたしております。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

Et mourir de plaisir【無料配布】「吸血鬼氏の家政婦さん」そのいちCrimson Regalia 吸血鬼作品集Lacrime rosse 吸血鬼作品集祝祭 カルネヴァーレ吸血鬼映画 Chaotic Catalog vol.1小夜曲騎士の剣月光の封土外伝 風鳥詩【委託】心にいつも竜を(竜と人&字書きと絵描きのコラボアンソロジー)【委託】鯨の兄弟【委託】卵怪談【委託】海に降る雪

「気になる!」集計データをもとに表示しています。