こちらのアイテムは2020/12/26(土)開催・Text-Revolutions Extra 2にて入手できます。
くわしくはText-Revolutions Extra 2公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【ハイファンタジー】有明に浮かぶ星(短編集)

  • ありあけにうかぶほし
  • 桐谷瑞香
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 148ページ
  • 400円
  • 2018/07/16(月)発行
  • サークル桐瑞の本棚、初めての方におススメのファンタジー短編集①!
    誰かのために危険に立ち向かう、愛と勇気が詰まった物語の数々。

    (事件に対して果敢に解決していく姿、ハラハラドキドキが好きな方は、こちらをまずはお薦めします。イメージは水です。)

    嵐の翌日、女性は浜辺に流れ着いた青年を助け出す。
    懸命に看病した結果、彼は一命を取り留めたが記憶喪失になっていた。
    女性は彼の正体を知りつつも、彼を介抱し続ける。
    そのような中、隣国との争いが激しさを増していることを知り……。
    過去に傷を負った女性が、彼との出会いで覚悟を決めて進みだす。
    (『有明に浮かぶ星』)

    表題作をはじめ、
    ライトな語り口調で綴る少年の成長物語『見習い騎士の転換点』、
    雨が降りゆく中、物語が進んでいく恋愛ファンタジー『明けぬ夜に動く針』、
    新たな居場所で奮闘するお仕事&事件もの『流水の管理者の一歩』
    の計4本の短編を収録した、短編集!

    ※『見習い騎士の転換点』、『明けぬ夜に動く針』、『流水の管理者の一歩』はweb版の加筆修正版です。
    ※有明に浮かぶ星は完全書き下ろしです。アンソロジー「海」にて、導入部分がアップされています。
    第7回webアンソロ「海」有明に浮かぶ星 

    **************************

    ★試し読み

     いつのまにか眠ってしまったノーラは、地面に雨が叩きつける音によって目を覚ました。横になっていた上半身をあげ、外をぼんやり眺める。太陽の光が雲で遮られているのか、朝にも関わらず外は薄暗い。
     首からかけている銀時計で時間を確かめる。ちょうど朝食の時間だ。これから支度をすれば昼の仕事には間に合うだろう。軽く髪を整えたノーラは、すぐに居間に向かった。

       いつもより反応が鈍いながらも、昼の営業をどうにかこなす。それを終えると、傘を差して買い出しにでた。いつもより歩いている人が少ないのは雨のせいだろう。徐々に人が少なくなっていく通りを一人で歩いた。
      人気(ひとけ)がなくなったところで、ある一件の家が目についた。三階建てのアパートに挟まれた、赤い煉瓦の屋根の一軒家。左右にある窓はカーテンが閉められており、部屋の中は見えない。そのカーテンの内側には、埃をかぶった一つの置き時計が時を止めて置かれていた。
     「空き屋……?」

         『明けぬ夜に動く針』より


    「貴様らは誰の差し金だ?」
     雨が激しく降り、強風が吹きゆく中、金髪の青年は崖に背を向けて黒ずくめの男たちを睨みつけていた。暴風雨のため男たちの顔はほとんど見えない。
     五人いる黒ずくめの男たちは、青年を逃がすまいと、列を二重にして逃げ道を封鎖している。誰もが短剣や長剣を抜いており、青年が横を通り抜けようとするものならば、すぐさま切る勢いだった。
     男たちが徐々に青年との距離を詰めていく。青年はそれに合わせるかのように、後退していった。雷が轟き、風はさらに強くなる。
    「誰も応えないのか。なるほど貴様らの雇い主は、他人に知られてはならない相手と言うことだな。……貴様らが言わずとも、おおよそ雇い主の見当はついている。まったくこんなところに追い込んで暗殺をしかけられるとは、嫌な身内を持ったものだ」
     青年は地面に剣先を向けていた長剣を中段にまで持ち上げた。男たちもやや腰を落として剣を構える。
    「残念だが、私はまだ死ぬわけにはいかない。横暴を止めなければ、この国も隣国も幸福とは無縁の国になってしまう。そのような状態にさせないために、まずはここを突破させてもらう!」
     ほぼ同時に雷が激しい音を立てて、どこかに落ちた。それを皮切りに青年は駆け出し、男たちの正面で剣を振った。緩急つけて流れるように剣を振っていく。男たちはそれに押されるようにして下がっていった。
     切るではなく牽制に重きを置いた振りをしていた青年は、勢いのままに突き進んだ。 突如、後ろで待機していた男が前に出て、青年の剣と交じり合わせてくる。剣を止められた青年は足を止めた。青年は眉をひそめて、彼よりも背の高い男を見上げる。
     「この感触、まさか……!」
     低い声ではっきりと言葉を発したが、誰も反応することはなかった。青年が剣を持ち上げる前に、背の高い男が接近してきた。激しい突きで攻め込んでくる。それを青年は後退しながら、どうにかかわしていった。 だが、あっという間に崖の端まで追いやられる。そこで青年は首元に男の剣先を突きつけられた。
     青年は雨を生み出す、真っ黒い雲で覆われた空を見上げる。
     「よもやここまでか……」
     死期を悟って呟くと、向けられていた剣先が震え、少し離れた。それに気づいた青年は、体をくねらせながら屈み、男の足下に向けて剣を振った。男は攻撃を避けるために、若干後退する。 青年は立ち上がって再度剣を振ろうとしたが、今までにない突風が吹いた。体が風に押されて下がっていく。しかし数歩後ろには地面がなかった。
    「しまっ―!」
     足を踏み外し、体勢を崩した青年は、真っ逆様に黒い海の中に落ちていく。空に向けて手を突き出すが、誰も掴もうとはしなかった。ただしあの男だけは青年が落ちる様子をじっと見ていた。
     激しい音をたてて、青年は海の中に吸い込まれていく。抵抗することもできずに、波にさらわれて、その場から消えていった――。

         『有明に浮かぶ星』より 



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【ハイファンタジー】【恋愛】《新刊》薄明を告げる鐘の音【ハイファンタジー】薄明を告げる鐘の音〜未来を繋ぐ出会い〜【ハイファンタジー】薄明を告げる鐘の音セット【ハイファンタジー】空を彩る追憶の華【ハイファンタジー】有明に浮かぶ星(短編集)【恋愛】【ハイファンタジー】花願いの創造(短編集)【ハイファンタジー】(宝珠細工師の原石:前日談) 若き芽の輝き【ハイファンタジー】宝珠細工師の原石(前編) 〜伸びゆく二つの枝葉〜【ハイファンタジー】宝珠細工師の原石(後編) 〜宝珠を実らす絆の樹〜【ハイファンタジー】宝珠細工師の原石シリーズセット【ハイファンタジー】魔宝樹の鍵  1、運命の扉を開ける者達【ハイファンタジー】魔宝樹の鍵 2、緋色に染まる天地【ハイファンタジー】魔宝樹の鍵 3、水に漂う記憶の欠片【ハイファンタジー】魔宝樹の鍵 4、変革の先導者達【ハイファンタジー】魔宝樹の鍵 5、魔宝珠への道標【ハイファンタジー】魔宝樹の鍵 後日談、悠久なる恋情の果て【ハイファンタジー】魔宝樹の鍵全巻セット【ハイファンタジー】記念行事の準備とはじまり(無料配布)【ハイファンタジー】賽ノ地青嵐抄 賽ノ地編(委託)

こちらのブースもいかがですか? (β)

ゼロタビト  バロメッツ  夢花探  キノコ本舗。  万華鏡寺院  PreBivi  MYST&CLAST  燎火堂  わしず書房  文水嶺  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。