こちらのアイテムは2020/12/26(土)開催・Text-Revolutions Extra 2にて入手できます。
くわしくはText-Revolutions Extra 2公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

エメラルドの光彩

  • えめらるどのこうさい
  • 藤見暁良・奏多・広竹みぃ・ZENZO・ことは・竜ヶ森湖
  • 書籍|A5
  • 116ページ
  • 600円
  • 2017/08/13(日)発行
  • ネット小説・書籍にて活躍中の作家陣による作品集!
    恋愛、ファンタジー、謎解き。読み応えのある一冊です!

    『それは退屈か、はたまた平穏か』竜ケ森湖
     もうそうしようもなく、途轍もなくすきなのに――!
     恋のイロハも手管も経験値も無いその時の私に出来た事は、ただひたすら泣いて泣いて枯れるまで泣きつくす事だけだったのだ。

    『長谷川さんになりました』広竹みぃ
     結婚って夢物語みたいに憧れていて、結婚式も披露宴も夢の中みたいに幸せいっぱいにフワフワしていたけど、翌日には一気に現実に引き戻される感じ。

    『嘘つきな月』ZENZO
     名前を呼ばれるたびに胸が高鳴り、頬が熱くなる。
     分別のある大人が、子供に恋愛感情を抱くなんて道徳的に間違っている。
     好きになってはいけない、自分を戒めるほど想いは深まっていった。

    『春の嵐』ことは
    「ねぇ、せっかくの再会なのにそんんあに怯えた目で見ないでくれる? 俺我慢出来なくなっちゃうよ?」
     ニィッと上がった左の口角。それは良くないことを考えている時の史琉君の笑い方で。

    『アカツキ商店街万屋事件録』藤見暁良
     お金持ちって羨ましくもあったけど、どこか箍が外れている人もいる。だけど外れるにも程度ってものがるでしょ!
     思えば仕えるお嬢様の我儘を遂行するために、人を二人も拉致っている時点で非常識なんだ。

    『ボーパルバニー』奏多
     こんな極上に整った顔をしていて、人間や魔族の心理も読み抜いている癖に、恋愛だけはよくわかっていない。
     知識はあるようだが、それが心理と結びつかないのだ。





ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

白い背中と君の藍【R 18】一日一善ダイエットラブカルチャースクール6周年記念本オニキスの鼓動アクアマリンの清爽アメジストの境地エメラルドの光彩トパーズの言の葉もふもふ草紙・二巻支払いが難しいレストラン・1支払いが難しいレストラン・2

「気になる!」集計データをもとに表示しています。