こちらのアイテムは2020/5/18(月)開催・Text-Revolutions Extraにて入手できます。
くわしくはText-Revolutions Extra公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【伝奇・オカルト・ホラー・猟奇】【グッズ】【新作】源平椿

  • 別府-01 (ライトノベル)
  • げんぺいつばき
  • 藤和
  • グッズ
  • 83ページ
  • 500円
  • 2020/05/31(日)発行
  • ここは帝都東京。
    国が開かれ近代化への歩をはじめてしばらく経ったこの街でも、依然正体のわからぬあやかしは隠れている。
    けれども、人々はすっかりあやかしのことなど忘れ去っているのであった。

    キーホルダーにQRコードを付属させる形での電子書籍です。
    インドの仕立て屋さん掲載分に加え、6話ほど加筆しています。

    --本文サンプル--
     

     第一章 ミルクホールに来る兄弟

     良く晴れた日の昼間、今日も帝都は平和な時間が流れていた。
     そんななにもない日だからなのか、帝都の一角にあるとあるミルクホールにひとりの軍人が訪れていた。特に何か見回りというわけでもなく、丸いテーブルに着いて帽子を置き、大きな体を縮こめ、白く短い髪を時々揺らしながらカステラで羊羹を挟んだものをぼんやりと囓っている。
     カステラを半分ほど食べて皿の上に置き、傍らに置かれたカップを口に付けてミルクを飲む。一息ついた様子の彼に、このミルクホールで馴染みとなっている給仕の娘が話し掛けた。
    「潔さん、お兄さんの姿が無いみたいですけど、またどこかに行ってるんですか?」
     給仕の言葉に、潔と呼ばれた軍人は口をぐっと結んでからしょんぼりとした様子でこう答えた。
    「兄さんは、取引でまた銚子に行っていて、しばらく空けてるんです」
    「あらまぁ。潔さんも連れて行ってもらえばいいのに」
    「兄弟揃って帝都を空けるわけにはいかないって兄さんが……」
     話せば話すほど気落ちした様子を見せる潔に、給仕が困ったように笑う。
    「そんな顔しないでくださいまし。
    あっ、そうだ。よかったらそこのピアノで何か一曲お願いできませんか?」
     てのひらを上に向けて彼女が指したのは、店内の奥にある黒いピアノ。時々演奏家の卵を呼んで、音楽鑑賞会を開くためにミルクホールの店主が輸入した物だ。
     彼女のお願いを聞いて、潔は照れたように笑う。
    「舞子さんのお願いなら是非。
    では、お借りしますね」
     そう言って、潔はカステラをひとくち囓ってからピアノの方へと向かう。蓋と鍵盤を開け、専用の椅子は潔には些か低いけれども、それに腰掛けて鍵盤をいくつか鳴らす。少し考える素振りを見せてから、両手の指でゆっくりと鍵盤を叩きはじめた。
     はじめはゆっくりと、流れるような高音の旋律とそれに添えられる低音。静かで穏やかな流れを作り、それは次第に細かで華やかな拍子を刻み出す。
     リクエストをした舞子は、その曲を聴いて、ほうっと溜息をつき呟く。
    「聞き慣れない曲だけど、なんていう曲だろうねぇ」
    「リストの練習曲三番」
     突然かけられた声に舞子が振り向くと、そこには潔ほどではないけれど背が高く、頭に帽子を乗せた軍人が立っていた。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【ライトノベル】嫌犬【ライトノベル】【新刊】ことばのしっぽ【ローファンタジー】【新刊】おぼれるかみさまからうまれた世界【伝奇・オカルト・ホラー・猟奇】【グッズ】【新作】源平椿【ライトノベル】なべてよはこともなし【ローファンタジー】日没する国の天使【BL】EAT ME【ローファンタジー】【現代】学者と花束【ローファンタジー】天使の雑談【現代】生物室談話【現代】天文地学文芸部【手製本・豆本・絵本】ざくろくじ【ローファンタジー】【グッズ】ELKANAH【ローファンタジー】【グッズ】DROGOMIR【ローファンタジー】【グッズ】DUKE【ローファンタジー】【グッズ】HAL【ローファンタジー】【グッズ】ブックカバー紺【ローファンタジー】【グッズ】ブックカバー緑【ローファンタジー】【グッズ】ブックカバー黒【グッズ】ポストカードファイル

「気になる!」集計データをもとに表示しています。