こちらのアイテムは2019/6/16(日)開催・第三回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第三回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

迷迭香 第二巻 迭の章

  • あ-06 (小説|歴史・古典)
  • めいてつこう だいにかん てつのしょう
  • 添田健一
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 156ページ
  • 700円
  • 2016/01/31(日)発行
  • 北宋の京師(みやこ)開封(かいほう)での、不正高官たちをねらった怪事件はなおも続く。

    女悪徳高利貸しの苗夫人の周囲で起きる不審な事件の数数。

    姿なき犯人の動向の読めない犯行に、若き護衛官の展昭(てんしょう)率いる開封府の捜査陣は翻弄されるばかり。そして、新たな犠牲者が凄惨な姿で発見される。

    だが、頭脳明晰な法医官、公孫先生の冷徹な双眸は、ついに真実をとらえ、驚くべき反撃の策で犯人を追い詰めるのであった。

    極上の武侠エンタテインメイント、白熱の第二章!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

そえたび 添田健一旅小説集キリンライナ 上 明の鄭和艦隊キリンライナ 下 明の鄭和艦隊そえぶし 添田健一武侠志怪小説集迷迭香 第一巻 迷の章迷迭香 第二巻 迭の章迷迭香 第三巻 香の章そえもの 添田健一物語集墨妖

「気になる!」集計データをもとに表示しています。