こちらのアイテムは2020/12/26(土)開催・Text-Revolutions Extra 2にて入手できます。
くわしくはText-Revolutions Extra 2公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【現代】【恋愛】金曜日は雨がいい

  • きんようびはあめがいい
  • 梓野 みかん
  • 書籍|A5
  • 76ページ
  • 400円
  • 2020/05/24(日)発行

  • 来月から中学生。卒業式を間近に控えた主人公・明智奈(あけちな)は、晴れ女。でも卒業式には雨をどうしても降らせたい……。青い春の一週間をあなたに!

    以下、章ごとの冒頭です。

    ----------------------------------------------------

    (月)
     晴れるに、こしたことはない。
     明智奈はそう思う。
     運動会、修学旅行、クラブ活動に町の清掃ボランティア。屋内行事の文化祭とて、天候しだいで出足は鈍る。鈍ればバザーの売り上げが落ちる。落ちれば生徒会運営に支障が出る。少なくとも、思うがままには立ち行かない。
     明智奈は今、今年度の収支計算書を眺めて、ニンマリしていた。

    (火)
     ポエム先生は再会した。
     かつての想い人に。
     赴任先の、この学校で。

    (水)
    「二人とも、結婚はしてないんでしょうか」
     コバルトはテルテル坊主を作りながら、向かいに座った明智奈に問いかけた。明智奈はといえば、頼れる後輩の作ったテルテル坊主の頭に、黒い油性ペンで泣き顔を書き入れている。絵心に乏しいからなのか、道具や材料のせいなのか、やたらとにじんでしまった顔は、おどろおどろしいこと、この上ない。

    (木)
    「話はつけた」
     明日に控えた卒業式の全体演習のあと、生徒会役員が会場の準備を手伝っているときに、コバルトは明智奈にひと言、そう告げられた。そして下校したのち、大荷物で彼の家に現れた明智奈は、再び言った。
    「話はつけた」

    (金)
     願いは、届かなかった。
     とは、明智奈は思っていなかった。
    「やっぱり、おまえは晴れ女だなあ」
     明智奈の父がネクタイを締め、アパートの窓から空を見上げた。

    (土)
    「ファフロツキーズ現象、起こる」
     朝刊の第一面、四分の一ほどに、昨日の校庭の様子が写真つきで載っていた。校長先生と担任の先生のインタビューが記事の半分を占めている。

    (日)
     朝からの雨は久しぶりだった。
     ザア、とアパートを包む音が、昨日とはまた別の静かさを与えている。明智奈は自室の窓から外を見下ろし、地面のくぼみにできた水たまりに、現れては消える波紋をしばらく眺めていた。午前中のうちにスーツをクリーニングに持っていこうか、悩んでいるうちに昼になり、明日でいいか、と思い至ったときには昼を過ぎていた。
     コバルトの返信によれば、待ち合わせは二時。
     居間でテレビを見ながら笑っている父に声をかけた。
    「お父さん、私ちょっと出るから」

    ----------------------------------------------------
    こたつ読書の雨宿りに。



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【現代】(製作中)【現代】【恋愛】金曜日は雨がいい【現代】The Turning of Short story【現代】The Stranger of Short Story【ローファンタジー】【現代】The Departure of Short Story【現代】The Adventure of Short Story

「気になる!」集計データをもとに表示しています。