こちらのアイテムは2020/5/18(月)開催・Text-Revolutions Extraにて入手できます。
くわしくはText-Revolutions Extra公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【SF】アンフォゲッタブルファイア

  • 伊香保-04 (その他)
  • あんふぉげったぶるふぁいあ
  • 原浩二
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 110ページ
  • 700円
  • 2020/01/30(木)発行
  • アンフォゲッタブルファイア

    紹介】三部作の最終巻。完全新作で初出品です。性表現など過激なものは扱ってはいませんがテーマそのものが反社会的かも知れません。この三部作は部外者やアウトローをテーマにしているところがあり、また作品によっては差別を隠さず表現したり当時の露骨な口調や文体をそのまま用いています。考え方にもよりますが人によっては若年齢層には教育的に相応しくないと捉えられることを予測することも御座いますが敢えて特に年齢制限を設けたりはしていません。

    特色】私の小説は舞台の台本やドラマや映画の脚本のつくりを私なりに意識して執筆しています。役者さんからみて演じてみたいと思わせるような主人公や登場人物を描くことを目的にもしています。また、ただ話を書くのではなく物語を1から10まで順に書いたりしておりません。アンフォゲッタブルファイアは110P中、台詞はほとんどありません。

    あらすじ】近未来、ゼネコンの大林組が受注した軌道エレベータの竣工直前が舞台になっている。機材の開発と保守を担当する子会社の機電の下請け会社のオペレータ、とサブオペレータ。大林組の女監督、宇宙鳶の職長会の会長、物流班の職長、博報堂の広報官、テナント業者3名の計9名が大気圏外ぎりぎりに敷設された軌道ハブ施設に集結する。直後に唐突に始まる災害。事故なのか事件なのか?

    紹介】 SF調のハードボイルド小説という区切りになります。ごく近未来を舞台にしていて、工業エレベータや商業エレベータのざっくりとした機構や、現実に実運営されつつある工業ロボットも登場します。また、東関東大震災や当時の東京スカイツリー関連等が主人公の懐古部分として解説があったりします。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【伝奇・オカルト・ホラー・猟奇】アウトサイダー【ミステリ・推理・ハードボイルド】絡繰魔人【SF】アンフォゲッタブルファイア

「気になる!」集計データをもとに表示しています。