こちらのアイテムは2020/5/18(月)開催・Text-Revolutions Extraにて入手できます。
くわしくはText-Revolutions Extra公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【ライトノベル】【現代】平成最後だとしても今日も今日とてただの一日だから

  • 別府-33 (ライトノベル)
  • へいせいさいごだとしても、きょうもきょうとてただのいちにちだから
  • 萌芽つゆり
  • 書籍|新書判
  • 116ページ
  • 500円
  • 平成最後と世間が騒いでいても、今日も今日とて、「何の変哲もない/昨日と同じただの一日」に過ぎない。


    試し読みはこちらから
    https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12216334


    • ユキとハナビ

    受験生のユキは、いつもと同じように電車に乗っていた――はずだった。 しかし、車内にいたはずの人は消え、かわりに目の前にいたのは愛猫のハナビ。 (どういうわけか)人語を理解し、話すハナビと過ごす一時のこと。


    • めくるめく、  めく

    電車事故に巻き込まれた俺は、退屈な入院中、「平成最後だから」という理由だけで立ち上げられた同窓会の連絡を受け取る。 ……高階は来るのだろうか。 ふと、脳裏にクラスメイトの姿がよぎった。今の今まで忘れていたはずの記憶を思い出した理由は、たぶん、俺の青春だったから。 退院した俺は、同窓会に足を運ぶ。そこには高階がいた。


    • ビタースイート・デイズ

    どこでもよかった。 今、私がここではないどこかへ行けるなら。 大嫌いなものから逃げるように、目を背けるように電車に乗った私。寝過ごした結果、降りたのは見知らぬ駅だった。 そこで出会った綺麗なお姉さんと、別れるまでの話。


    • ステュクスの迷子たち

    死にたいと、僕が言ったとして。 あなたはどう思うだろうか。 ――明確な理由など何もなくても、ふと、死にたいと思うことはある。 そんな僕が出会ったのは、明確な理由を持って死んだある少女。 彼女は言った、「私の代わりに、私のカメラで、綺麗な世界を映してほしい」


    • むらぎえて、残影

    太陽は西の彼方に沈もうとしていた。燃えるような赤色を塗りつぶすように、夜の色が混ざりこんでいる頃。 夕暮れ時。 黄昏時。 そう形容される昼と夜の境目では、物ノ怪というヒトならざるモノが跋扈する。 これはとある陰陽師の少年と、とある巫女の少女が幼い頃の記憶。彼らが初めて物ノ怪と遭遇した話。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【ライトノベル】【現代】平成最後だとしても今日も今日とてただの一日だから【ライトノベル】【会誌・会報・合同誌】まるで星屑が零れたようだった、頬を流れる雫には気付かないふりをした【ライトノベル】【現代】【恋愛】逃げ水【ライトノベル】【会誌・会報・合同誌】少年少女は、【ライトノベル】【会誌・会報・合同誌】月が綺麗な夜だった。【グッズ】無料配布本

「気になる!」集計データをもとに表示しています。