こちらのアイテムは2019/6/16(日)開催・第三回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第三回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【現代】消えてください

  • え-11 (小説|短編・掌編・ショートショート)
  • きえてください
  • 瑞穂 檀
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 200円
  • 2018/07/16(月)発行
  • 美優が手に入れたのは、人の記憶を消すことができるという消しゴム。彼氏と喧嘩をするたびに、その消しゴムを使うのだけど……。恋愛モノです。

    ※コピー本

    参考試し読み⤵

    消えてください

     「もういい、別れる」

     言い捨てて立ち去る彼氏・宮原悠司を、小山美優は茫然と見送った。

     たった十分の遅刻が別れになるなんて信じられない。時間がたてば、悠司の気も鎮まって考え直してくれるだろうか……。

     日曜日。LINEで呼ばれ、電車を三回も乗り継いで駆け付けた知らない街。駅はどっちだっただろうかと、スマホで位置確認をしながら帰る。

     涙が出てくる。何がいけなかったんだろう。悠司から連絡を貰って、慌ててシャワーを浴びて髪を巻いて。そうだ、髪を巻かなければ良かった。慣れないことはするもんじゃない。

     泣いてヒドイ顔になっているに違いない。通りがかりのショウウィンドウを覗きこむ。薄暗い店内がうっすらと透けて見えた。小物の店だろうか……

    「よく見えないなぁ……」

     マスカラが流れている気がするけど……

    「いらっしゃい」

     後ろから声をかけられて、美優は「きゃっ」と声をあげて振り返った。

     カーキ色のエプロンを付けたおじさんが、箒とチリトリを持って立っていた。口ひげにメガネで、にこにこしている。

    「ごめんね、お店留守にして。あんまりお客が来ないから、前の道を掃除してて」

     客じゃありません……と言い辛くて。美優は「はぁ」と返事をし、おじさんに促されるまま店に入ってしまった。

     おじさんは店の電気を点ける。

    「本当に客がいなくて。商売って難しいね」

     ウッディ調の棚に、オーナメントが並んでいる。小鳥とかお花とか、人形とか……。

    「消しゴムとは思えないでしょ、可愛くて」

    「え、消しゴム?」

     言われなければ判らないくらい、よく出来ている。

    「字も消せるよ」

     おじさんは消しゴムの魅力に取り憑かれて消しゴム屋を開いたが、客がさっぱり来ないのだという。

     なんだか可哀そうになって、一個くらい買おうかと値札を見るが。綺麗だなと思うものは千円以上する。たかが消しゴムにそんなお金は払えない。一人暮らしの事務員の生活はカツカツだ。

     ふと、五百円の値札のついたハート形の消しゴムが目に入る。立体的で、可愛らしいコーラルピンクのハート。大きさは五百円玉くらい。安くはないけど、出せない金額じゃない。

    「それ、気に入った?」

     おじさんは美優の目線の先に気付く。

    「ただの消しゴムじゃないんだよ。実は、写真をこすると相手の中の自分にまつわる記憶を消す消しゴムだ」

     変なことを言い出した。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【ローファンタジー】空の上にあるもの【ローファンタジー】私の家雨の日トラップ虫医者のくれた夢太陽くん、ファーストコンタクトの巻ねこのこ【現代】消えてください【現代】【恋愛】【現代】丸井君

「気になる!」集計データをもとに表示しています。