こちらのアイテムは2018/6/10(日)開催・第二回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第二回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

三大香木 —金木犀— カミサマはそこにいた

  • い-10 (小説|純文学)
  • さんだいこうぼくきんもくせいかみさまはそこにいた
  • 梔子花
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 24ページ
  • 200円
  • 2017/10/28(土)発行
  • ――せわしない日常の中では、聞き取れない気がした。
      私の、本心の声――


    恋人からのプロポーズに対して躊躇してしまった「私」。
    何がそうさせたのか。彼への返事はどうするのか。

    名前のない私に還る。

    一人旅の果てに、「私」の出した答えは……。


    「秘密の場所」に続きまして「三大香木」シリーズの第2弾になります。静岡の三島・沼津を主人公がぶらりと一人旅をする話。

    第1弾の「梔子」とは全く別の作品ですので、本作「金木犀」単品でもお楽しみいただけます!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

泥より出でて、泥に染まらず夕立「夕立」スピンオフ 夏雲の陰エンプティ・チェア三大香木 —梔子— 秘密の場所三大香木 —金木犀— カミサマはそこにいた三大香木—沈丁花—先生、ごめんなさい。

「気になる!」集計データをもとに表示しています。