こちらのアイテムは2018/6/10(日)開催・第二回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第二回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

「ほし、ってあめだまみたい」

  • う-11 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • ほし、ってあめだまみたい
  • 木村凌和
  • 書籍|A5
  • 8ページ
  • 100円
  • 2017/10/28(土)発行
  • 不要になった夢と引き換えに、新たな夢を分けて貰える場所「夢想堂」。
     客の「わたし」、夢想堂の住人「蒼伊」、踊り場に囚われた「踊り場同盟」の三者が出会った、ある少女とのお話。
     群像劇風味。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

夢想甲殻類・蟹編「ほし、ってあめだまみたい」きらきら【短編集】竜を喰らわば皿まで【一巻】この夜が明けたら輝く瞳に夜の色【残部僅少】世界万華鏡【短編集】【残部僅少】風まかせcigar(前編)cigar(後編)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。