こちらのアイテムは2018/6/10(日)開催・第二回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第二回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【残部僅少】世界万華鏡【短編集】

  • う-11 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • せかいまんげきょう
  • 木村凌和
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 42ページ
  • 200円
  • 2016/10/08(土)発行
  • とりどりの世界を切り取った短編集。
     webで公開しているものにほんの少し訂正を加えた再録です。
    『世界万華鏡』
     世界はもっと美しい。世界を、決まりきったように切り取り書く仕事にうんざりしている鏡子は、それでもそう信じている。
    『絶望マニア』
     全てを捨てた男は、自らに飽き足らず”ヒーローごっこ”をしにくる者に捨てさせるある趣味を持っている。
    『海色の空』
     海にすむちいさな”いのち”は、流星群の夜、傘をさして見物する。児童文学風ファンタジー。
    『幸せになります』
     新生活前夜、私は荷物の中に、なくなってしまったと思っていた孤独を見つける。
    『風の果て』
     機械鳥は現代社会に潜むある闇を食い尽くすために存在していたが、ある夜自らを解き放つ声と出会う。
    『航路絵描唄』
     連絡の途絶えた宇宙艦隊を探す少女は、艦隊にいるはずのおじさんと、ある約束をしていた。

    URLから試し読みができます。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

夢想甲殻類・蟹編「ほし、ってあめだまみたい」きらきら【短編集】竜を喰らわば皿まで【一巻】この夜が明けたら輝く瞳に夜の色【残部僅少】世界万華鏡【短編集】【残部僅少】風まかせcigar(前編)cigar(後編)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。