こちらのアイテムは2018/6/10(日)開催・第二回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第二回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

この夜が明けたら

  • う-11 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • このよるがあけたら
  • 木村凌和
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 46ページ
  • 200円
  • 2016/10/08(土)発行
  • メタルの翼をもたされた少女達は夜の海上を飛ぶ。

    金属製の翼を背に付けた少女達の任務はただひとつ、「自分達と同じものを見つけること」
    翼は陽の光の下では崩れてしまうため、海上を毎晩飛び回っては帰る生活が続いている。変化が訪れたのは、海中から伸びもがくしろい腕を発見してからだった。
    無残に墜落していく仲間を救うこともできない少女、願いを叶えた少女と、叶えることを投げ出した少女。
    彼女達のある十の夜をつなぎ合わせた書いた本人はSFのつもりの群像劇。
    第60~69回フリーワンライ参加作品に加筆・修正を行ったもの。
    全容を把握できる短編『光のこうざい』(書き下ろし)を収録。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

夢想甲殻類・蟹編「ほし、ってあめだまみたい」きらきら【短編集】竜を喰らわば皿まで【一巻】この夜が明けたら輝く瞳に夜の色【残部僅少】世界万華鏡【短編集】【残部僅少】風まかせcigar(前編)cigar(後編)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。