こちらのアイテムは2019/10/12(土)開催・第9回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第9回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

エッセンシャル技使い

  • えっせんしゃるわざつかい
  • 藍間真珠
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 100ページ
  • 500円
  • 2013/11/04(月)発行
  • 『あなたもこれで流れの技使いに』
    ふざけた謳い文句を掲げた技使い訓練所。そこへ足を踏み入れた者は誰一人帰ってこないという。町長から調査を依頼された僕は、たまたま居合わせた流れの技使い二人と共に潜入することになり…….。
    ライトな異世界ファンタジー

    サイト掲載済み 同世界観作品あり

    WEB版 http://indigo.opal.ne.jp/novel/ess/
    試し読み http://books.doncha.net/happy-reading/detail.pl?uid=113335991&bookid=480

    レビュー
    http://text-revolutions.com/event/archives/751
    http://text-revolutions.com/event/archives/1703


    「ここに技使い殿はいらっしゃいますか!?」
     突然、野太い男の声が食堂に響き渡った。スプーンを咥えたまま振り返った僕は、扉の前にいる大男を見やる。
     彼の視線は、何かを値踏みするように室内をうろついていた。土汚れの目立つその上着は、体躯に合っていないのか突っ張っている。身なりと双眸が不釣り合いな、ちぐはぐな印象だ。
    「ここに技使い殿がいらっしゃると、先ほどパネッターさんからうかがいました」
     男は少しだけ声を落とした。静まりかえった部屋には妙な緊張感が漂っている。
     僕は椅子に腰掛けたまま足をぶらぶらとさせ、眉根を寄せた。パネッターという名前には覚えがある。お喋り好きな、この小さな町唯一の武器屋だ。僕も昨日掘り出し物を求めて顔を出したばかりだった。
     余所から来た技使いであれば大抵一度は武器屋に寄り、めぼしい物を探したり情報収集を試みる。この男はそれを知っていたのだろうか?
    「あのおっさん、もう喋りやがった」
     スプーンを離した僕の口から、つい舌打ちが漏れそうになった。情報を収入源にもしている類の人間だろうから、いつかはばれるとわかってはいる。でもいくらなんでも早すぎだ。その辺の微妙なさじ加減も武器屋の才能の一つなのに。
     僕が技使いだと知れ渡ったら、この町に長居はできない。定住しないいわゆる『流れの技使い』を便利屋扱いする人間は多い。害獣を駆除しろという細々とした仕事から、荒くれ者を追い払えだとか怪しい事件を解決しろとかいう、面倒な依頼が舞い込むことも珍しくない。
     そして噂が噂を呼び、それらは増える一方となるのだ。技使いがどんな『技』を使えるのかどうかまでは、大概考えてくれない。そんな場所ではのんびりとなんてしていられなかった。適当に稼いでさっさと別の町に行こう。僕は渋々と手を挙げた。
    「……え?」
     大男は間の抜けた声を上げた。予想通り、喫驚した表情だった。これだから嫌だ。
     薄汚れた茶色いマントですっぽりと体を覆った僕は、傍目には相当頼りない子どもに見えるのだろう。大概こんな反応をされる。慣れたから腹立つのも馬鹿馬鹿しくなったけど、いまだに気分はよくなかった。自然と額に皺が寄ってしまう。
    「技使い殿が、三人……?」
     しかし次の瞬間、予想もしなかった言葉が鼓膜を震わせた。「三人」と僕は口の中で呟く。そして慌てて部屋の中へと視線を走らせた。
     確かに、反応していたのは僕だけではなかった。壁際の席で白髪のじいさんが一人立ち上がり、笑みを浮かべている。背は僕と同じくらいで高くない。白い艶やかな長衣はぱっと見た限りでも上質そうで、それなりの収入を維持していることがうかがえる。
     もう一人は、奥の暖炉の傍で片手を挙げている青年だった。額に布を巻き、黒を基調とした衣服に身を包んでいる。腰から短剣をぶら下げているところが実にそれらしい。面倒ごとに首を突っ込み、荒稼ぎしている人間に違いなかった。
    「気づかなかった」
     僕は瞳を瞬かせて、辺りの気配へと意識を向けた。じいさんからも青年からも、他の人間よりも少しだけ強い『気』が感じられる。嘘を吐いているわけではないみたいだ。
     今まで僕が気がつかなかったのは、その差がほんのわずかだったからか。――弱い技使いなのか、それとも『気』を隠しているのかは定かではない。そもそもこんな小さな町に、技使いが複数人立ち寄っているなんて珍しかった。
     こんなことなら手を挙げなければよかった。この二人のどちらかに仕事を押しつけて、その間にこの町を出ればよかった。
     僕が技使いだってわかるのは同じ技使いの人間か、そうでなければ武器屋だけだ。技使いには『気』で悟られてしまうが、こちらが名乗らない限りは一般人にはわからない。手を挙げなかったらごまかせたに違いなかった。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

さきわけ、さきがけファラールの舞曲駆け引きアンソロジー「ステルメイト」わたしとあなたのあわいのことのはその願い、届かなくともスウィートスタイルエボリューションエッセンシャル技使いwhite minds 第1巻white minds 第2巻white minds 第3巻white minds 第4巻white minds 第5巻white minds 第6巻white minds 第7巻white minds 第8巻white minds 第一部完結記念誌創作同人活動を楽しく続けるためのメソッド藍色のモノローグ information No.34【無料配布】ゆるっとSFマップ【無料配布】

「気になる!」集計データをもとに表示しています。