こちらのアイテムは2019/3/21(木)開催・第8回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第8回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【純文学】【現代】三大香木—沈丁花—先生、ごめんなさい。

  • A-06 (純文学)
  • さんだいこうぼくじんちょうげせんせいごめんなさい
  • 梔子花
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 24ページ
  • 200円
  • 2018/03/25(日)発行

  •  学生の頃の恩師である山本先生が亡くなった。

     元ゼミ生の瑞樹は、ゼミ仲間だった沙希に促され山本先生の墓参りに訪れる。


     よく晴れた春の日、強く吹く風の中に沈丁花の香りが混じっていた。


     廟所で、瑞樹は沙希から、先生が自分を気にかけていたことを聞かされる。

     それに促されるように、瑞樹は先生から遠ざかるきっかけになった出来事について語り始める。



     シリーズ三大香木の第三弾。

     弊サークルで唯一、恋愛や痴情の縺れといった要素を一切取り入れなかった作品。

     恋愛ものはちょっと……という方は、この作品を「謂はぬ色」の入り口にしてお楽しみください。


     URLから試し読みができます。ぜひご活用ください。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【純文学】【現代】【百合】三大香木 —梔子— 秘密の場所三大香木 —金木犀— カミサマはそこにいた【純文学】【現代】三大香木—沈丁花—先生、ごめんなさい。【純文学】【現代】夕立【純文学】【現代】「夕立」スピンオフ 夏雲の陰【恋愛】【ローファンタジー】泥より出でて、泥に染まらず【純文学】【現代】エンプティ・チェア

「気になる!」集計データをもとに表示しています。