こちらのアイテムは2016/3/21(月)開催・第3回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第3回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ぎょくおん

  • C-07 (現代)
  • ぎょくおん
  • オカワダアキナ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 162ページ
  • 400円
  • 2016/03/21(月)発行
  • --------------------

    「姉さん、壁のコンセントにだって死が潜んでいるのだと思いませんか」よわいおとこの、個人的な戦争の日々。

    ゆるやかな消滅願望を抱えた男は、“玉音放送”に至ることができるのか?

    --------------------

    [あらすじ]

    共依存めいた関係にあった姉から逃げるように東京を離れ、さびれた温泉街の旅館で住み込みの仕事を始めた男・郡司。いっさいの連絡を絶ち一年になろうとしていたが、心は吹っ切れない。また、常用している薬の副作用による乳汁分泌に悩まされ、消極的な死に憧れを見出していた。

    ある日、姉とそっくりな少女と出会い、郡司はひどく混乱する。

    「あれは姉の生霊だ。おれの戦争はまだ終わっていなかった」

    妄想を克服しようとするうち、旅館の社長の姪・七美から秘密を打ち明けられたり、同僚・アランと関係したりする。やがてゲンバクよろしく、郡司に降ってきた圧倒的な痛みとは──。

    --------------------


    公式アンソロ「猫」に寄せた「飴と海鳴り」が習作の扱いです。

    http://text-revolutions.com/event/archives/3795

    話がつながっているというより、同じ題材を書いた感じです。「ぎょくおん」では猫に会えなかったルートを描いています。それぞれ別個でお楽しみいただけます。


    文字組みサンプルは上記リンク先の自サイトに冒頭4ページをのせています。

    試し読みは尼崎文学だらけのページが見やすいです。またこちらには推薦文をお寄せいただきました。ご参考にどうぞ。

    http://necotoco.com/nyanc/amabun/guide/bookview.php?bookid=17

    動画はPVというか映像で表現してみたらという感じです。雰囲気がつかみやすいかと思いますので、よかったらどうぞ。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

猫を飼う弱い犬ほどよく笑う亀が鳴くまでぎょくおん【300SSラリー】読まずに食べた喫茶ルビーと女たち

「気になる!」集計データをもとに表示しています。