こちらのアイテムは2018/6/10(日)開催・第二回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第二回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

灼熱の華

  • う-06 (小説|BL)
  • しゃくねつのはな
  • みずの
  • 書籍|A5
  • 70ページ
  • 200円
  • 2017/05/07(日)発行

  •  孤児の理紗人(りさと)は、呉服店店主・朱臣(すおみ)の養子となり、跡取りとして暮らしていた。

     ある日、仕事で朱臣と一緒に色街を訪れた理紗人は、男娼の佐布由(さふゆ)と出会う。二人は理由もなく惹かれ合っていく。

    * * *

     理紗人と佐布由はどちらからともなく窓辺に腰を下ろした。空には無数の星が瞬いていた。十字に並んだ星を見つけ、理紗人は指を差す。

    「白鳥座だ」

    「はくちょう?」

     佐布由は不思議そうな顔で首をかしげた。

    「星座だよ。あのあたりにある明るい星をつなげると、十字になるだろう? 白鳥が翼を広げて飛ぶ姿に似てるって、昔の人は考えたんだ。南がくちばしだよ」

     懸命に説明するが、佐布由の表情は変わらない。どうやら、そもそも白鳥が何かわからないようだ。

    「白鳥は真っ白な翼の大きな鳥だよ。首が長くって、水辺に住んでるんだ。渡り鳥っていって、冬になると北の大陸から海を越えてやって来るんだよ」

    「ふうん、理紗人はすごいね。文字も書けるし、物知りだ」

     気を悪くさせたかと、理紗人は慌てた。

    「そんなことないよ。知ってるって言っても、実物を見たことないし。お酒を一杯呑んだだけでこんなになっちゃうし。佐布由の方がすごいじゃないか。三味線、あんなふうに人前で弾けるなんて、羨ましいよ」

     褒められて、佐布由はくすぐったそうに笑った。そんなふうに無邪気な表情を見たのは初めてだった。

    「はくちょう、いつか本物を見たいね」

     頷きそうになって、理紗人は現実に戻った。また、とか、いつか、とか、理紗人と佐布由の縁は不確かな偶然の上に成り立っている。朱臣たちの宴が終わったら、また会えない日々が始まる。次にいつ会えるのかも定かではない。幻のような未来に約束を託すのは辛かった。

    「……離れたくないな」

     溢れる気持ちが、理紗人の口をついて零れ出た。右手で佐布由の左手を取り、指を絡めた。こうして手をつないでいても簡単に離れてしまう。もっと強く固く結ばれたかった。

     つないだ手を寂しそうに見つめ、佐布由が囁いた。

    「二人で、ひとつになりたいね」

    「どう、やって?」

     顔を上げた佐布由と眼差しが絡み合い、互いに引き寄せられて唇を合わせた。触れるだけでは足らず、深く口付ける。どちらのものかわからなくなった唾液を呑み込んだ。溶けてしまえばいい。互いに形を失くして混ざり合えば、ひとつになれる。

    「理紗人、大丈夫か」

     突然、襖越しに声をかけられ、理紗人を支配していた熱が一気に吹き飛んだ。理紗人と佐布由が体を離すのと同時に、襖が開けられた。逆光のせいで朱臣の表情は見えなかった。


    * * *

    オッサン(朱臣)×少年(理紗人)。男の娘(佐布由)×少年(理紗人)。18禁。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

ことわりさんコロシアイ権謀術数‐おとしまえ‐ 壬生キヨムトリビュートアンソロジーあくだまベビーフェイス 上巻よくないおしらせにいたるよくないおしらせ 文庫版俺以外イケメンのおしらせ灼熱の華BEST for you!

「気になる!」集計データをもとに表示しています。