こちらのアイテムは2017/2/12(日)開催・第一回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第一回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

象印社のおしながき

  • 委託-06 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • ぞうじるししゃのおしながき
  • くまっこ
  • ポスター
  • 象印社の委託本をお品書きにしました!
    3種類の本を委託します。


    【空想のまちアンソロジー「ぼくたちのみたそらはきっとつながっている」】

    ・世界は幾つもの閉鎖的な町でできている
    ・生まれた町を出られるのは、家が買えるほどの高額チケットを持つ者か、運搬業の有資格者だけ

    独特の世界観を共有したシェアワールドで、〇〇町という架空の町を創造し、町の住人や暮らし、人々の想いを短編小説にしました。

    〝音町・蛍町・箪笥町・砂町・本町・星町・夜町・雨町・星見町・湯町・宙町・墨町・幡町・地理町〟
    閉鎖的なそれぞれの町を14人の作家が綴る、小説アンソロジー。


    ***

    【ゆきのふるまち】

    一年中雪の降りしきる町、雪町。
    町をめぐるバスの終点「丘の上のお屋敷」でともに暮らす三人の女の子たちが、ときに悲しみに出会いながら、誰かの優しさに触れながら、自分に向き合ったり、誰かに頼ってみたり、何かを信じたり、何かに気付いたり…… 彼女たちの物語をそれぞれ、オムニバスで綴りました。

    空想のまちアンソロジーの元になった物語です。


    ***

    【クマの豆本製造ライン3】

    いままで作った本の作り方を、フルカラーの写真付きで丁寧に解説しました。
    製本のレシピ・アイディアブック第3弾です。

    ・折り紙をアクセントに使った装本アイディア ・中綴じ本のいろいろアレンジレシピ ・ブックケースの作り方
    身近な材料と簡単な方法で彩り豊かな本作りを楽しむレシピブックです。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

ゆきのふるまち【パンフ掲載作】空想のまちアンソロジー「ぼくたちのみたそらはきっとつながっている」クマの豆本製造ライン3象印社のおしながき

「気になる!」集計データをもとに表示しています。