こちらのアイテムは2017/2/12(日)開催・第一回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第一回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

幼神

  • お-03 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • おさながみ
  • 孤伏澤つたゐ
  • 書籍|B6
  • 266ページ
  • 750円
  • 2015/09/20(日)発行
  • ――困ったことがあったらいつでも俺のところへおいで。めちゃくちゃに後悔させてやる。俺に愛されたことを、俺を拒んだことを、それを最後まで貫けなかったことを、後悔させてやる。


    人間はおれが視覚と聴覚と、おまけみたいにそなわっている触覚で行動していることがわかると、すぐに自分の信仰をためす。
    神は人間などに傷つけられたりしないはずだという盲信から、平気で害意を向ける。 


    「わたしのどちらかが書いたんだ。わたしがわたしを愛するためにつけ足した一行を、わたしは消さない。わたしがわたしへ向ける愛がたとえどんなかたちであったとしても、わたしはそれを呑みくだしてわたしの中に入れる。拒んだりしない」


    白い世界からきた神とその片割れと、少しの時間を過ごす人間のこと。

    pixviにて試し読みを掲載しております。こちらもあわせてどうぞ(pixivのものとは内容が異なります)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

Last Odyssey喫水線はだしの竜騎士深海×神話合同誌『無何有の淵より』ゆめのむすめしろい庭のむすめ・上海嶺谿異経【委託】月光浴幼神

「気になる!」集計データをもとに表示しています。