こちらのアイテムは2020/12/26(土)開催・Text-Revolutions Extra 2にて入手できます。
くわしくはText-Revolutions Extra 2公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【恋愛】王羲之の足背 恋慕の味を知る

  • おうぎしのそくはい れんぼのあじをしる
  • 佐倉治加
  • 書籍|B6
  • 70ページ
  • 200円
  • 2019/03/21(木)発行
  • 高校二年の水上さんと、朝倉君。 書道と王羲之が繋ぐ二人の恋路は、少し変わっている。
    フェチ女子×純粋書道男子の、噛み合ってるような噛み合ってないようなお話。

    【目次】
    1、私、水上朝子が彼、朝倉亮太と付き合うに至った経緯
    2、朝倉君の恋
    3、ある夏の日の(3986vol2に収録)
    4、梅雨に墨香(2018年の静岡文学マルシェ、ポストカードギャザリング作品)

     ☆試読巡り参加中☆ →スタンプ取得はコチラ
     
    ↓試し読み本文ココカラ↓

     それから一週間と数日後の土曜日。私たちは展覧会の会場に一緒に立っていた。彼は時々書道教室で見るような、黒っぽいTシャツとカーゴパンツという、忍者のような格好で現れた。学校や書道教室で見る彼は、ひっそりとした性格の人で、そのしなやかで高い身長さえ除けば、本当に隠密みたいだ。

     じゃあ、行こうかと言われて、六百円のチケットを買った。ふと、書道教室の月謝の八分の一だな、と思った。

     王羲之の書は入り口にほど近いところに展示されていた。

     私は、展覧会の説明を読むまで知らなかったのだが、王羲之の書の真跡は、現在残っていないという。

     彼には、「え、知らなかったの?」と驚かれてしまったのだが、仕方ないではないか。私が好きなのは彼の書いた字なのであって、王羲之のものではないのだ。

     しかし、王羲之についての逸話で私がすごく共感できたのは、王羲之の書を愛し集め続け、果てに自分の墓にまで一緒に埋葬させてしまったという皇帝の話。

     私は皇帝ではないけれど、皇帝が王羲之の書を愛した気持ちはよくわかる。

     彼にも私と同じように文字が生きているように見えていたのかもしれない。

     躍動する一画一画が人間の手足、臓物、血液、骨に見えて、どんどん愛おしくなってくる。他人の字ではだめなのだ。その人の生み出す字でないと。そういうところが、人と人がであう運命のようなものだと思う。

     文字を愛することは苦しみも伴う。王羲之を書聖たらしめた皇帝は、成就しない思いを抱え苦しかったのかもしれない。

     私も彼の生み出す文字を愛してしまったがために、それに雁字搦がんじからめにされてしまっている。成就しない愛に付随する苦しみさえも、喜びの一端となっていて、私はもう泣きながら笑えるくらいにおかしいのだ。

     もし、死んでしまった時に自分の骨の隣に彼の書があったら。そう考えると死んでも、ものすごく幸せになれる気がした。

     お金も権力もあり、私にとっては宝くじに当たるより難しいことを現実にしてしまえた皇帝は、本当に羨ましい。そんなことが許されるのなら、私だって皇帝になりたいくらいだ。

     ひとえに自分の人生の最期に至った時、彼、朝倉亮太の書と共に眠るために。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【百合】【純文学】カメレオンダイアリー(ライト版)【恋愛】王羲之の足背 恋慕の味を知る朝もゆる神子1 山ノ国篇朝もゆる神子2 花ノ国篇トリップアンソロジー『Popsy Tempty』【BL】川骨の花に落つ【恋愛】春告と紫に染まる庭【R18】【恋愛】【ハイファンタジー】睡蓮は迷霧に眠る1短編集 密やかな隣人【百合】【純文学】3986 VOL4

「気になる!」集計データをもとに表示しています。