こちらのアイテムは2019/10/12(土)開催・第9回 Text-Revolutions(中止)にて入手できます。
くわしくは第9回 Text-Revolutions(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

台風接近のため、開催は中止となりました。詳しくはText-Revolutions準備会のページをご参照ください。

繋ぎ屋台帳2〜滲んだインク〜

  • D-01 (ライトノベル)
  • つなぎやだいちょう2 にじんだいんく
  • 紺堂カヤ
  • 書籍|A5
  • 32ページ
  • 250円
  • 2017/09/18(月)発行
  • 年齢不詳の店主が営む「繋ぎ屋」の日々を、書記が記していく台帳。その、二冊目を御目にかけましょう。

    繋ぎ屋の店主・繋ぎのノブの隣に、いつもにこやかに立つ青年、芳一。
    彼もまた不思議な繋ぎ屋の日々を彩る大切なひとり。
    彼の口からあふれる声、言葉は、否応なく人を魅了する。そう、彼は「かたりの芳一」。

    薄暗い繋ぎ屋の様子を描いた物語、第二弾。
    日常の連続のようにひっそりと、しかし確実に、物語は動いていく。



    あなたには、扉を開く覚悟がありますか。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

口笛、東風となりて君を寿ぐ手ノ鳴ルホウヘ水銀灯の夢繋ぎ屋台帳繋ぎ屋台帳2〜滲んだインク〜繋ぎ屋台帳3〜結びの両端〜アンノウン石壁破りて蘭は咲くすきまを行列がゆく君の隣で旅立つ準備ランガナタンの手のひらでごはん、できてます。つばめの巣 第12号透明になって叫ぶつばめ報

「気になる!」集計データをもとに表示しています。