こちらのアイテムは2019/10/12(土)開催・第9回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第9回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

化狸浪華賑

  • G-05 (歴史・時代劇)
  • ばけだぬきなにわのにぎわい
  • 庭鳥
  • 書籍|A5
  • 74ページ
  • 600円
  • 江戸時代、大坂道頓堀を舞台に化け狸の芝右衛門と竹本座の浄瑠璃作者・近松半ニの交流、そして、明和初期の竹本座の激動を描く短編。表題作のほか、「猫の竹本座」「白い脚」の操り人形浄瑠璃ものの短編を収録。
    「人外あつめ」企画の参加作品。

    あらすじ
    時は明和三年、三度の飯より芝居が好きな芝右衛門狸が淡路島から大坂・道頓堀にやって来た。狸の奥の手、木の葉の小判で芝居三昧するも化けの皮が剥がれてさあ大変。借金返済のため芝居茶屋・志賀屋で奉公することに。
    番頭猫の虎吉にしごかれながら働く芝右衛門はある日、竹本座の浄瑠璃作者・近松半二に出会う。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

明日香風、吹く化狸浪華賑すあま色イロ食べ比べ旅してすあま食べ比べ本の杜10開催記念アンソロジー 杜の本棚海に流れるフルーティアふくしまに乗って会津若松へ 庭鳥旅行記・壱時計台 折句と隠し題歌集旅先で食べる団子ろじ− 団子絵道中双六大崎でたくあん祭に萌えたからおうちたくあん作りましたYO!【無配】庭鳥草紙ペーパー【無配ポストカード】盛岡のお団子【300SSラリー】タイトル未定

「気になる!」集計データをもとに表示しています。