こちらのアイテムは2019/3/21(木)開催・第8回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第8回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

Before the Day Freezes

  • A-28 (現代)
  • びふぉあ ざ でい ふりーずぃず
  • 姫神 雛稀
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 100ページ
  • 0円
  • 2016/10/08(土)発行
  • ※無料配布です



    Before the Words Freezesの主人公、尋人と泉。
    彼らが高校を卒業したての頃、まだ保護者がいた頃の話。


    -----------------------(以下、全く物語の本質に迫らないシーン抜粋)

    「しかしありがたい話だよなあ。泉がいなきゃ、俺ラーメン食えないし」
     運ばれてきた味噌ラーメンに七味を大量にかけながら、尋人はそんなことを言った。
     「なんですか急に」
    「だってそうだろ。俺の身体じゃ、もう栄養剤とかの方が多分相当簡単だろうに、わざわざ普通にメシ食えるようにしてくれてるんだもん。サンキュ―な」
     「……仕事ですから」
     呟いた直後、泉の方にも味噌ラーメンが運ばれてきた。割箸を割ろうとすれば、尋人の手が七味の瓶を差し出してくる。
     「ん」
     「いえ、僕は結構です」
    「お前いっつもそうだけどさ、かけても美味いぞ?」
     「味の好みではなくてですね、香辛料は、その、」
     「ニンジャ的にダメってやつだろ? 大丈夫だって。航さん辛いの大好きだし」
      香辛料に限らず、匂いのきついものはなるべく避ける。習性ともいえる癖だったが、航が食べていると言われてしまえば断る理由がなくなる。
      それに、と泉は思う。
      薬味の類を好んで食べる尋人のことが、多少は分かるかもしれない。
     「じゃあ、少しだけ」
      一振りでも、かけた部分のスープはかなり赤くなった。
      急に大丈夫か怪しくなってきた。生まれてこの方、食事で刺激物を摂取したことがないのだ。訓練は受けているので辛さへの耐性はあるはずだが、それも昔のこと。
      意を決してスープを掬い、流し込む。 ごくり。
    「どう? 美味いだろ?」
     「……かっら……っ」
     「えっ、大丈夫か? おい」
      盛大にむせてしまった泉の背をさすり、水を飲ませてやって。 「すみませ、ん」
    「いや、ごめんな? そうだよなあ、いつもこんな辛いの食わないもんな」
      泉は情けないやら申し訳ないやらで涙目になり、レンゲを置いて顔を覆った。
     「すみません……」
     「いいんだって。こんなの慣れだし」
     「……精進します」
    「なんでだよ、いいよ。お前のそういう顔見るの久々で面白かったし」  写メっときゃよかったなーなどと冗談を言いながら、尋人は七味まみれの味噌ラーメンをすする。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

僕の愛する神戸を見てくれ トライアル版2稲荷町ミッセ ワケあり人の住まう家湊屋の梢さんと居候の二階堂くんBefore the Day Freezes弊社の社長は魔女につき。駆け引きの舞踏会編【300SSラリー】分水嶺を越えると

「気になる!」集計データをもとに表示しています。