こちらのアイテムは2019/3/21(木)開催・第8回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第8回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

綾は千々、されど同じ学舎の中で

  • A-25 (現代)
  • あやはちぢ、されどおなじがくしゃのなかで
  • 雲鳴遊乃実
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 92ページ
  • 500円
  • 2017/11/23(木)発行
  • 私は今、どんな心になっているのだろう。自分のことなのに、遠く感じる。

     

    合唱祭の練習中、津夕里は友人の馳倉さんと衝突し、お互いに口を利かなくなってしまう。彼女の声を耳障りに思っていた彼女は、ふと気がつくと、声のない世界に入り込んでいた。(声がなければ)

     

    他、某所に寄稿した掌編及び短編4作品を加筆修正。

    基本的には学校を舞台にした物語です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

火竜の僕は勇者の君と一度も言葉を交わさないFrom AI to U綾は千々、されど同じ学舎の中で台車は虚空の死体を運ぶ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。