こちらのアイテムは2017/10/28(土)開催・第6回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第6回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

レ・ミゼラブル解体新書2

  • B-17 (歴史・時代劇)
  • れ・みぜらぶるかいたいしんしょ2
  • 銀の燭台編集部 (編)
  • 書籍|新書判
  • 186ページ
  • 1,000円
  • 2017/08/27(日)発行
  • 『レ・ミゼラブル』を愛する全ての方に捧げる
    考察アンソロジー第二弾

    初版から150年を経てなお、さまざまな舞台や映像作品に翻案され、愛され続けているヴィクトル・ユゴーの名作『レ・ミゼラブル』。
    本書はこの名作に魅せられたファンたちが、各々の興味分野に基づいて考察・評論・解説を行う考察アンソロジーです。

    【目次&内容紹介】
    ■第一章 ミュージカル
    『レ・ミゼラブル』における美しさについて/しえ
    アンジョルラスは何の為に死んだのか――原作とミュージカルの違いを通して/片岡夢夜
    アンジョ好きのためのアンジョ好きによるアンジョルラス香盤表/まろんぐ
    『レ・ミゼラブル』と十一のミュージカル/しげち

    ■第二章 歴史解説
    テナルディエ夫人の死の謎~『レ・ミゼラブル』に登場する監獄について~/植木
    史料に基づく十九世紀前半のフランス料理と『レ・ミゼラブル』の世界/音食紀行
    付録 史料に基づく十九世紀前半のフランス料理レシピ/音食紀行

    ■第三章 キャラクター考
    登場人物の名前を二十一世紀の日本に置き換えると?/アーニャ
    ゲッサン版ジャヴェルの身体的特徴とその意味について考察する/ちひひ
    十九世紀科学史とコンブフェールが愛した「人間」について/荻野

    ■巻末企画
    レ・ミゼラブル用語集/にしや

    (校正 竹村いすず、藤ともみ、yaka)
    ※本書はファン個人の手による同人誌です。制作には細心の注意を払っておりますが、一部に不正確・不適切な記述等が存在する可能性がございます。ご了承のうえお楽しみくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

冬至の歌声、夏至の踊り青い幻燈斜陽の国のルスダンノーサンブリア物語 上ノーサンブリア物語 下レ・ミゼラブル解体新書2

「気になる!」集計データをもとに表示しています。