こちらのアイテムは2020/5/31(日)開催・第四回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第四回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ダイトーアの歌

  • だいとーあのうた
  • ジンボー・キンジ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 230ページ
  • 800円
  • 2020/04/30(木)発行
  • 人種と思想が交錯する架空国家・ダイトーア。そこは思想戦の絶えない混迷の社会であった。
    戦乱に翻弄されながら、内乱へ身を投じる青年少女を描く、リパブリック・パンクという新提案。 (※だと個人的には思ってます)


    収録タイトル2篇


     ・「バンドのためのプレリュード」
     かつての日本・満州・朝鮮を領土とするダイトーア。街にはプロパガンダがあふれ、政治団体が乱立し、対立する過激派は暴徒と化し小競り合いを起こしていた。 国籍不明の孤児・マサヒロは、思想を問わず様々な政治団体のために演奏を行う多国籍楽団「第〇楽団」に入団。楽団員として働くことになる。 中華系団員の守信・朝鮮系団員のチャンスとともに、マサヒロは混迷を極めるダイトーアの社会へ身を投じていく……。

    ・「国粋姉妹受難曲」
     秋葉原のとある地下小劇場。そこは保守系団体直属のアイドルユニット「国粋姉妹」のライブ会場だ。しかし彼女らは、団体の操り人形として活動しているにすぎなかった。 バックバンドに加わっていたマサヒロだったが、ライブ終了後、秘密裏に助けを求められる。彼女らが語る脱走のための計画。それは、自らの団体を標的にした暴動をけしかけることだった……。


    (注)画像は制作中のものです

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

ダイトーアの歌イーハトーブの道から 上巻・イーハトーブ篇イーハトーブの道から 中巻・陸の孤島篇イーハトーブの道から 下巻・被災地篇古典落語の主題による5つの小品初期微動継続時間短編小説(あと、ミリタリー)が好きな奴は吹奏楽コンクール課題曲を聴こう!