こちらのアイテムは2020/5/31(日)開催・第四回静岡文学マルシェ(中止)にて入手できます。
くわしくは第四回静岡文学マルシェ(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【SF】蟹摂食思考機構

  • かにせっしょくしこうきこう
  • 木村凌和
  • 書籍|A5
  • 14ページ
  • 200円
  • 2019/09/08(日)発行
  • 少女(大家)、電子生命と蟹と部屋をシェア。
    蟹がした電子生命への愛の告白を知ってしまい、困り果てて相談した相手は十七歳だった頃のひいおばあちゃんだった。

    電子生命《カルサイト》のキャリーに「食べられたい」と言う毛ガニの蟹(名前)。
    板挟みになった少女アキは、十七歳だった頃のひいおばあちゃんを再現したシュミレートデータ・タマちゃんの助言を得て、蟹を茹で、炭酸カルシウム系電子生命へ転成してしまう。
    生まれて初めてカニを食べた電子生命と少女、データから電子生命へ転生した電子たちの願いの物語。
    ほんのり固め翻訳風SF。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【SF】蟹摂食思考機構【会誌・会報・合同誌】美少女が定食を食べる合同誌【SF】【ローファンタジー】夢想甲殻類・蟹編【現代】【ローファンタジー】きらきら【短編集】輝く瞳に夜の色【ハイファンタジー】竜を喰らわば皿まで【一巻】【ハイファンタジー】竜を喰らわば皿まで【二巻】cigar(前編)【ローファンタジー】cigar(後編)

こちらのブースもいかがですか? (β)

東雲屋  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。