こちらのアイテムは2019/6/16(日)開催・第三回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第三回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

海賊寓話 第一章

  • い-09 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • かいぞくぐうわ だいいっしょう
  • 面屋佐吉
  • 書籍|新書判
  • 262ページ
  • 1,300円
  • 2016/05/15(日)発行
  • ――お前は埋もれかけた宝の鍵だった。
    その世界では、長きに渡って世界的な冷戦が続いていた。
    国家間の緊張を他所に、自らが望む自由のために悪行の限りを尽くす海賊がいた。
    世界的に名を馳せる事になる、宝の鍵を手にした海賊の物語を語ろう。神を恐れず、悪行の限りを尽くし、世界すら変えようとした、狂人たちの物語を語ろう。

    大航海時代をモチーフにしたフリントロックファンタジー。
    帆船による航海と海戦、陸に上がって繰り広げられる冒険の数々を語ろう。
    海賊王の物語は此処から始まった。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

海賊寓話 第一章海賊寓話 第二章海賊寓話 第三章海賊寓話 第四章

「気になる!」集計データをもとに表示しています。