こちらのアイテムは2018/6/10(日)開催・第二回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第二回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

青い鳥

  • い-09 (小説|純文学)
  • あおいとり
  • 転枝
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 130ページ
  • 300円
  • 2017/11/23(木)発行

  •  夢を見た。空を飛んでいる夢だった。

     途方もなく高い空を突き抜けるように、入道雲が笑っている。その白い笑顔を取り巻いているひび割れそうな青色。その中で翼を広げ、私は悠々と風を切っている。頬が引きつってしまうような速度、目が開けられているのが不思議に思えるような音。私は一人でも、寂しくなかった。

     青い鳥。

     青い鳥になって、同じ色の空に溶けていく。私の翼がどこまでで、どこからが空なのか、もう誰にも分からない。世界が笑っているような気さえした。この空の向こう、どこまでも飛んでいったら、私はどこまで行けるのだろう。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

風景1号 砂上の楼閣雨街で残響 上雨街で残響 下消えてよ、少女灯色の風景青い鳥

「気になる!」集計データをもとに表示しています。