こちらのアイテムは2017/2/12(日)開催・第一回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第一回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

午後一時過ぎの波音 ——その水際へ至る手前

  • え-04 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • ごごいちじすぎのなみおと そのみずぎわへいたるてまえ
  • 古月玲
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 16ページ
  • 100円
  • 2016/10/08(土)発行

  • 午後の退屈な授業を聞き流しながらの物思い。「午後一時過ぎの波音 ――その水際へ至る手前」

    六年生にとっては最後の夏。その感慨とどうしようもない寂しさと。「太白寮小景 夏の終わりのその前に」

    どちらも男子高校生のお話です。
    新刊の短編集『汀』収録作のうち2編、「午後二時半のセイレーン」「太白寮小景 夏が終わるその前夜」の序、的なものです。
    ※『汀』にはこの2編は収録していません。

    序と言いつつ、お話自体は単体でも読めます。
    (『汀』も、この2編を読んでいなくても読めます)

    サテライト!の小説のお試しとしてもどうぞ。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【パンフ掲載作】100万光年の彼氏たそがれの月、夜明けの太陽午後一時過ぎの波音 ——その水際へ至る手前汀【新刊】永遠まで、あと5秒【無料配布】steersman【無料配布】龍めぐる国

「気になる!」集計データをもとに表示しています。