こちらのアイテムは2017/2/12(日)開催・第一回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第一回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

中曽根心中の心中

  • い-05 (小説|ライトノベル)
  • なかそねここなのしんちゅう
  • 小高まあな
  • 書籍|新書判
  • 130ページ
  • 500円
  • 2013/10/06(日)発行
  • 試し読み http://books.doncha.net/happy-reading/detail.pl?uid=92771560&bookid=442
    「私と恋仲になって、そして心中して」
    中曽根心中(なかそねここな)は、心中したかった。
    死にたいのではない、心中したかった。名前のとおりに。
    ある日、ここなは、ホームレスの青年神野京介に一目惚れする。
    心中相手、という意味で。
    「衣食住は私が提供するわ。その代わり、私と恋仲になって。そして心中して」
    「はぁ?」
    こうして、ここなと京介の同居生活が始まる。
    奇妙な同居生活の先で、中曽根心中が思うのは。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

迷い仔猫の居候(ひとでなしの二人組1)居候と猫の彼女(ひとでなしの二人組2)居候と猫の飼い主(ひとでなしの二人組3)Gナンバーの居候猫(ひとでなしの二人組4)居候猫の父の気がかり(ひとでなしの二人組その5)中曽根心中の心中【鳥散歩】調律師MIMIMI鳥小説アンソロジー よりどりみどりに鳥地味なアイツなりに色々考えているらしいよ。(短編集)【ゴブガリ企画】赤の女王様と椿姫と私少女小説?短編集 Pigment Blue 28魔法のひまわりリーガルユカナマオちゃんのお出かけ日記〜のんほいパーク編マオちゃんのお出かけ日記〜金沢編マオちゃんのお出かけ日記〜札幌編マオちゃんのお出かけ日記〜遠野・盛岡編【鳥散歩】掛川花鳥園旅行記【無料配布】鳥散歩マップ無料配布本

「気になる!」集計データをもとに表示しています。