こちらのアイテムは2017/2/12(日)開催・第一回静岡文学マルシェにて入手できます。
くわしくは第一回静岡文学マルシェ公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

化狸浪華賑

  • 委託-16 (小説|歴史・古典)
  • ばけだぬきなにわのにぎわい
  • 庭鳥
  • 書籍|A5
  • 74ページ
  • 600円
  • 江戸時代、大坂道頓堀を舞台に化け狸の芝右衛門と竹本座の浄瑠璃作者・近松半ニの交流、そして、明和初期の竹本座の激動を描く短編。表題作のほか、「猫の竹本座」「白い脚」の操り人形浄瑠璃ものの短編を収録。
    「人外あつめ」企画の参加作品。

    あらすじ
    時は明和三年、三度の飯より芝居が好きな芝右衛門狸が淡路島から大坂・道頓堀にやって来た。狸の奥の手、木の葉の小判で芝居三昧するも化けの皮が剥がれてさあ大変。借金返済のため芝居茶屋・志賀屋で奉公することに。
    番頭猫の虎吉にしごかれながら働く芝右衛門はある日、竹本座の浄瑠璃作者・近松半二に出会う。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

明日香風、吹く化狸浪華賑すあま色イロ食べ比べ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。