こちらのアイテムは2020/12/26(土)開催・Text-Revolutions Extra 2にて入手できます。
くわしくはText-Revolutions Extra 2公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【純文学】【現代】【百合】三大香木 —梔子— 秘密の場所

  • さんだいこうぼくくちなしひみつのばしょ
  • 梔子花
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 24ページ
  • 200円
  • 2017/05/06(土)発行

  •  芽久は毎年梅雨の時期になると、決まってある場所に足を運んでいる。

     そこは幼い頃の親友、いづ美との思い出の場所だった。


     いづ美が芽久に口づけをした「あの日」以来、芽久はいづ美に会えていない。

     いづ美はどこへ行ってしまったのか。口づけの意味は何だったのか。


     降りそぼる雨の中、芽久は今年もクチナシの咲き乱れる「秘密の場所」へと向かうのだった。



     シリーズ三大香木の第一弾。

     なんとなく弊サークルの代表作となっている一冊です。


     ジャンルとしては弊サークル唯一の「百合」となりますが、くんずほぐれつするような作品ではありません。

     雰囲気がほんのり幻想的というか、不思議な感じがするかもしれません。


     裏表紙が良い(自画自賛)のでぜひお手に取ってご確認ください。


     URLから試し読みができます。ぜひご活用ください。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

【純文学】【現代】【百合】三大香木 —梔子— 秘密の場所【純文学】【現代】三大香木—沈丁花—先生、ごめんなさい。【純文学】【現代】夕立【純文学】【現代】「夕立」スピンオフ 夏雲の陰【恋愛】【ローファンタジー】泥より出でて、泥に染まらず【純文学】【現代】エンプティ・チェア【エッセイ・随筆】「話す勇気」「聴く覚悟」【純文学】【現代】【その他】夕立セット

「気になる!」集計データをもとに表示しています。