こちらのアイテムは2019/10/12(土)開催・第9回 Text-Revolutionsにて入手できます。
くわしくは第9回 Text-Revolutions公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

揺籃忌

  • ようらんき
  • 嘉村詩穂
  • 書籍|A5
  • 40ページ
  • 600円
  • 2019/10/12(土)発行
  • 幾千の風鈴揺れて黄泉下る

    冬薔薇燃ゆるセミナリオユダの名は


    月神や我が乳裂けよ血を干せよ


    廃寺に座す美僧は月の子と云ひき



    「耽美派俳人になってほしい」という恋人の一言がきっかけで自由俳句を詠みはじめて三年目。
    先日全句集が発売された藤原月彦を師と仰ぎ、「亡き兄」という幻影を求めて俳句を詠みつづけてきました。
    その集大成として句集を頒布することにしました。
    この句集は主題となる「揺籃忌」、西洋風のモチーフを詠みこんだ「惑星輪舞(プラネット・ロンド)」、日本神話の再解釈を試みた「暗黒神話」、仏教をテーマとした「散華」の四つのパートに分けて、それぞれ俳句を配しています。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になるサークルを記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じサークルのアイテムもどうぞ

挽歌-elegy-真珠姫の恋揺籃忌

「気になる!」集計データをもとに表示しています。